エンジニアブックレット

ITmediaについて

Top Story

icon
Design Ideas 信号源とパルス処理:

電圧を自動的に検出して、3.3V対応のPCIなどのバスを5V振幅の信号から保護する回路を紹介する。保護ダイオードや終端抵抗を用いて適切な終端電圧を設定すれば、1バス・サイクル以内でバスの信号振幅をある値に設定する回路としても使える。

2014年10月30日)
icon
村田製作所 XRCGB-F-Pシリーズなど:

村田製作所は2014年10月、水晶振動子として「2016サイズ」(2.0×1.6mm)の「XRCGB-F-Pシリーズ」と、「1612サイズ」(1.6×1.2mm)の「XRCFD-F/XRCMD-Fシリーズ」の計3シリーズを発表した。

2014年10月28日)

Features

10月7日開幕!

Hot Topics

news095.jpg
Design Ideas 計測とテスト:

古いレギュレーターICを使って、ミリオーム・メーターを簡単に作る方法を紹介する。

2014年10月23日)
news019.jpg
Q&Aで学ぶマイコン講座(7):

マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。7回目は、初心者の方からよく質問される「外部発振子なしで、UART通信は可能ですか?」についてです。

2014年10月16日)
news009.jpg
Wired, Weird:

かなり特殊な電源の修理依頼があった。ランプ用の電源だが設計/製造した電源メーカーが設備業界から撤退してしまい、電源の修理を依頼できなくなったということだった。現物を確認したら……『ブレーキがない自動車』のような危ない“暴走電源”だった。今回はこの“暴走電源”の修理例を報告する。

2014年10月8日)
news010.jpg
Wired, Weird:

今回は、不具合原因が予想外のところに潜んでいた修理の事例を紹介する。修理したのは、1985年製のボードチェッカー。意外な不具合原因とともに、30年以上、現役を続けるチェッカーの長寿命設計にも驚いた。

2014年9月8日)

最新記事一覧

news116.jpg
Design Ideas 信号源とパルス処理:

電圧を自動的に検出して、3.3V対応のPCIなどのバスを5V振幅の信号から保護する回路を紹介する。保護ダイオードや終端抵抗を用いて適切な終端電圧を設定すれば、1バス・サイクル以内でバスの信号振幅をある値に設定する回路としても使える。

2014年10月30日)
news070.jpg
村田製作所 XRCGB-F-Pシリーズなど:

村田製作所は2014年10月、水晶振動子として「2016サイズ」(2.0×1.6mm)の「XRCGB-F-Pシリーズ」と、「1612サイズ」(1.6×1.2mm)の「XRCFD-F/XRCMD-Fシリーズ」の計3シリーズを発表した。

2014年10月28日)
news003.jpg
SPICEの仕組みとその活用設計(17):

今回はLTspiceを用いてワーストケース解析のもう1つの手法であるランダム偏差法について簡単に説明します。基本的な考え方はLTspiceでのモンテカルロ解析の応用と考えれば良いでしょう。

2014年10月28日)
news072.jpg
東芝 TC358791XBG:

東芝は2014年10月、次世代車載情報機器向けに、高解像度のビデオ、オーディオストリームの転送やイメージセンサーとの接続を実現するコンパニオンチップ「TC358791XBG」を発表した。

2014年10月27日)
news134.jpg
TDK B43703など:

TDKは2014年10月23日、産業機器用インバータの平滑回路など向けのネジ端子型アルミ電解コンデンサの新シリーズ3種「B43703/B43704/B43705」を発表した。従来品よりも約2割小型化した製品シリーズや、優れたリプル電流耐量を実現した製品シリーズがある。

2014年10月23日)

連載

オペアンプ+トランジスタ“ちょい足し”回路集

オペアンプICに個別トランジスタを“ちょい足し”して性能を高めたり機能を拡充する定番回路集

英文データシートを“読まずに”活用するコツ

英文資料とどう付き合うか。決して英語が得意ではない筆者が、日々の業務を通して編み出した方法を伝授

デジタルオーディオの基礎から応用

デジタルオーディオ特有の理論や基幹技術、応用技術、さらには実装技術などを詳しく解説

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.