特集
» 2008年09月01日 00時00分 UPDATE

Design Ideas:MIDIバスをパソコンのUSBポートにつなぐ

[Stefano Palazzolo(イタリア),EDN]

MIDI(musical instrument digital interface)バスをパソコンのUSBポートに接続する方法を紹介する。図1の回路では、この接続に英FTDI(Future Technology Devices International)社のIC「FT232BM」を使用している。同製品は、USBとUART(universal asynchronous receiver transmitter)間のインターフェースを担うICであり、特にプログラミングを必要としないという特徴がある。


図1 USBとMIDIのインターフェース変換回路 図1 USBとMIDIのインターフェース変換回路

 この回路において、USBの信号はIC1(FT232BM)に直接接続する。IC1からMIDIバスへ、またMIDIバスからIC1へのシリアル送受信信号は、それぞれIC2、IC3によってMIDI用の電流信号に変換される。複数のMIDIバスを接続する場合には、IC4のEEPROMを利用する。

 この回路を利用するに当たって、新たにプログラムを記述する必要はない。ただし、2種類のドライバソフトをパソコンにインストールしておく必要がある。1つはVCP(Virtual COM Port)ドライバであり、これはFTDI社のウェブサイトからダウンロードできる(http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm)。このドライバにより、FT232BMがCOMポートに割り当てられ、USBとのインターフェースが可能になる。同ドライバをインストールする際の注意点は、アーカイブデータに含まれるftdiport.infというファイルの中のボーレート(baud rate)に関する記述を書き換え、FT232BMのボーレ−トを3万1250ボーに設定することだ*1)。その上で、3万8400ボーで動作するようVCPを設定する(実際のボーレートはftdiport.infによる設定のとおり3万1250になる)。

リスト1 ボーレート変更後のftdiport.inf(変更個所のみ抜粋) リスト1 ボーレート変更後のftdiport.inf(変更個所のみ抜粋) 

 もう1つインストールしなければならないのが、VCPシリアルポートがMIDIポートとして見えるようにし、接続されたMIDIバスを認識可能にするドライバである。このような目的のドライバはインターネット上で数多く見つけられる。その一例がローランドのシリアルMIDIドライバである。このMIDIドライバはCOM1またはCOM3に割り当てればよい。

 リスト1はftdiport.infにおけるボーレートの設定を3万8400から3万1250に変更したものである。この変更は、VCPドライバのインストール前に行わなければならない。

関連キーワード

MIDI | USB | 回路 | インタフェース


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2018 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.