ニュース
» 2010年05月25日 00時00分 UPDATE

――iSuppli社の報告から:2010年1QのNANDフラッシュのシェア、東芝がSamsung社に迫る

[EDN Japan]

 米iSuppli社は2010年5月、同年第1四半期におけるNAND型フラッシュメモリーの世界シェアのランキングを発表した(表1)。需要の高さと堅調な価格に支えられた同市場では、シェア第2位の東芝が、首位を走る韓国Samsung Electronics社に迫る結果となっている。

 NAND型フラッシュメモリーの2010年第1四半期における世界的な売上高は、43億6000万米ドルで、2009年第4四半期の43億3000万ドルよりも0.6%増加した。

 東芝は、フラッシュメモリーの上位サプライヤの中で最大の伸び率を記録し、前四半期比で2.8%の増加となった。一方、Samsung社は1.3%減となっている。

 Samsung社がこのままリードを保てるかどうかは、いかに生産量を増加できるかにかかっている。Samsung社、東芝の両社とも2010年は設備投資を増やし、生産量を増加する予定であるという。

表1 NAND型フラッシュメモリーのシェア 表1 NAND型フラッシュメモリーのシェア 2010年第1四半期のランキング。米ドルベースの売上高で換算している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.