メディア
ニュース
» 2010年07月29日 00時00分 UPDATE

【EVEX】ガソリンエンジン車をEVに改造、タジマモーターがコンバージョンキットを開発

[Automotive Electronics]

 タジマモーターコーポレーションは、『電気自動車開発技術展(EVEX)2010』(2010年7月14日〜16日)において、ガソリンエンジン車から電気自動車(EV)への改造を容易に行うための「EVコンバージョンキット」に関する展示を行った(写真1)。

 同キットは、モーター、インバータ、リチウムイオン電池モジュールなど、電動システムを構成する部品から構成される。改造元となるガソリンエンジン車のエンジンルームなどに、これらの電動システムを収めることが可能なので、荷室の容量を減らすことなくEV化できることが特徴となっている。リチウムイオン電池モジュールを除いた価格は約100万円。リチウムイオン電池モジュールの価格は、EV化した車両に求められる走行距離に応じた容量によって異なるものの、走行距離が70km〜80kmの場合には、150万円〜160万円程度になるという。オプションとして、車両の屋根部に装着する、ソーラー シリコン テクノロジー製のマイクロ球状シリコン太陽電池パネルを提供する予定だ。


写真1 EVコンバージョンキットを適用したスズキの「エブリイ」 写真1 EVコンバージョンキットを適用したスズキの「エブリイ」 

 EVコンバージョンキットは、主に軽自動車向けを想定して開発が進められている。タジマモーターによれば、「EVの欠点は、走行距離が短いことだ。しかし、短い走行距離で使用されることが多い軽自動車であれば、EV化しても支障を来たさない。このため、軽自動車向けのEVコンバージョンキットの需要は高まっている」という。同社は、同キットを自社の改造サービスに利用するだけではなく、国内の自動車整備工場にも販売していく方針である。

(朴 尚洙)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.