Special
» 2010年10月01日 00時00分 UPDATE

【ビデオ講座】アナログ設計の新潮流を基礎から学ぶ:電源回路設計の手順と勘所(1)トレードオフを考慮し単一負荷回路を設計

[PR/EDN Japan]
PR

【ビデオ講座】電源回路設計の手順と勘所(1)トレードオフを考慮し単一負荷回路を設計する (クリックで動画再生)


 デジタル民生機器や携帯型電子機器、産業機器などの開発現場において、電源設計に関するトラブルが増加する傾向にある。その背景には、アナログ回路設計にノウハウを持つエンジニアが高齢化しており、開発現場から年々減少していることがある。このため、アナログ回路設計の経験が少ないエンジニアや、FPGAやマイコンなどの設計を担当するデジタル・エンジニアが電源設計を手掛けるケースが少なくないようだ。

 ところが、電源回路設計はそんなに簡単なものではない。考慮すべきパラメータが数多くある上に、それぞれに複雑なトレードオフ関係がある。これらを熟知して設計に取り組まなければ、トラブルを招く危険性は極めて高いと言わざるを得ない。

効率、占有面積、コストのトレードオフ

 こうしたトラブルを未然に防ぐことを目的に、今回は数回にわたって電源回路設計の手順と勘所を解説して行く。最初に取り上げる例題は、単一負荷(single output)に向けた電源回路である。最もシンプルな電源回路の設計を通じて、考慮すべきパラメータと、各パラメータのトレードオフ関係を確認する。なお、電源回路の設計には、米National Semiconductor社のオンライン設計支援ツール「WEBENCH Power Designer」を利用する。これは、インターネットを介して使える無償ツールである注1)

図1 図1 「WEBENCH Power Designer」の画面写真
電源ICに「LM2596」を選択し、解析を行った場合の結果表示画面である。オプティマイザ・ダイヤルは「3」の位置にある。変換効率は78%、電源占有面積は718mm2、部品コストは3.73米ドル。

 ASICの入出力(I/O)インターフェース部に電力を供給する電源回路を想定する。まずは、同設計支援ツールに初期条件を入力する。ここでは、電源回路への入力電圧の最小値を9V、最大値を14V、電源回路の出力電圧を3.3V、出力電流を2.5Aと入力する。入力が終わったならば、「推奨電源ICを表示」ボタンをクリックすると、適合するスイッチング・レギュレータIC(スイッチャ・ソリューション)が列挙される。ここで最適なICを選択するわけだが、今回はまず「LM2596」を選択する。ナショナル セミコンダクター ジャパン マーケティング本部 プロダクトマーケティング課長の山田浩二氏によると、「このICは、シンプル・スイッチャー・シリーズの第2世代品であり、1990年ごろに製品化した比較的古いものだ。しかし、現在でも多くの電子機器に採用されている定番商品である」という。

 「設計を開始」ボタンをクリックすると、解析結果が表示される。画面左上のオプティマイザ・ダイヤル(最適化のための調整)が「3」の位置にある場合、変換効率は78%、電源占有面積は718mm2、部品コストは3.73米ドルと求まった(設計結果A300)(図1、表1)。変換効率は決して高いとは言えない。この理由は2つある。1つは、約20年前の製品であるため製造プロセス技術が古く、集積したFETのオン抵抗(RDS(ON))が比較的高いことである。このため導通損失が大きくなる。もう1つの理由も製造プロセス技術に関するもので、FETのスイッチング速度が遅いため(スイッチング時のターン・オン、ターン・オフに時間がかかるため)スイッチング損失が大きくなってしまうことである。

表1 表1 各設計結果
電源ICに「LM2596」と「LM22676」を選択し、それぞれオプティマイザ・ダイヤルを「3」と「5」に合わせた際の解析結果である。

周辺部品の選択と電源性能

 ただし、周辺部品を最適化すれば、LM2596を使った場合でも、さらに高い変換効率を達成することは可能だ。オプティマイザ・ダイヤルを「5」に合わせる。すると、変換効率を最優先させた設計結果が表示される。具体的には、変換効率は80%、電源占有面積は1579mm2、部品コストは5.45米ドルという結果が得られた(設計結果A500)。

 前述の設計結果A300と比較すると変換効率は2%高まっている。この2%の差は、何に起因するのだろうか。その答えは、出力コンデンサやインダクタ、ダイオードといった周辺部品にある。出力コンデンサの等価直列抵抗(ESR:equivalent series resistance)やインダクタの直流抵抗(DCR)、ダイオードの順方向電圧降下(VF)が小さい素子を選択すれば、変換効率を高められる。

 それでは、設計結果A300と設計結果A500で採用された周辺部品を確認してみよう。なお、各設計結果で使われている周辺部品は、画面中央下の「部品リスト」をクリックすれば確認できる(図2)。

図2 図2 部品リスト
各設計結果で採用されている周辺部品の詳細を示す表。画面中央下にある「部品リスト」ボタンをクリックすると表示される。

 設計結果A300では、インダクタに直流抵抗が49mΩの品種を採用していた(表2)。一方、設計結果A500で採用したインダクタの直流抵抗は26mΩと小さい(表3)。さらにダイオードの順方向電圧降下にも違いがある。設計結果A300で採用したダイオードで順方向電圧降下は0.5Vだが、設計結果A500では0.45Vと低いダイオードを採用している。直流抵抗が低く、順方向電圧降下が小さければ、電力損失を減らすことができる。その結果、変換効率が2%上回ったわけだ。

表2 表2 設計結果A300の周辺部品特性
電源ICに「LM2596」を選び、オプティマイザ・ダイヤルを「3」に合わせた際の解析結果で採用された周辺部品の特性。
表3 表3 設計結果A500の周辺部品特性
電源ICに「LM2596」を選び、オプティマイザ・ダイヤルを「5」に合わせた際の解析結果で採用された周辺部品の特性。

 ただし、ここで注意点がある。変換効率が高まった一方で、電源占有面積と部品コストが増えてしまっている点だ。特に、電源占有面積の増加幅は大きい。設計結果A300では718mm2だったが、設計結果A500では1579mm2と2倍以上に増加している。この増加に大きく寄与したのがインダクタだ。一般にインダクタでは、断面積が大きな電線を使えば、直流抵抗を小さくできる。しかし、その分だけ占有面積が大きくなってしまう。実際に、設計結果A500で採用していたインダクタの直流抵抗は26mΩと小さいものの、占有面積は895mm2とかなり大きい。さらに、コストについても、等価直列抵抗が小さいコンデンサや、直流抵抗が小さいインダクタ、順方向電圧降下が小さいダイオードは高価になる傾向にある。ナショナル セミコンダクター ジャパンの山田氏は、「いたずらに変換効率を高めれば良いわけではない。設計対象の電子機器で求められる変換効率、電源占有面積、部品コストに合わせて、電源回路を最適設計する必要がある」と指摘する。

スイッチング周波数と小型化

 それでは、スイッチング・レギュレータICを変更して解析を実行してみる。再び、スイッチング・レギュレータICが列挙された画面に戻り、「LM22676」を選択する。このICは、シンプル・スイッチャー・シリーズの第5世代品であり、最新型の製品だ。約2年前に市場に投入した。

 「設計を開始」ボタンをクリックすると解析結果が表示される。オプティマイザ・ダイヤルが3の位置にある場合の変換効率は82%、電源占有面積は373mm2、部品コストは3.14米ドルと求まった(設計結果B300)。変換効率については、LM2596を使った場合(設計結果A300)と比較して4%も高まった。この理由についてナショナル セミコンダクター ジャパンの山田氏は、「LM22676は、最先端のプロセス技術で製造しているため、集積したFETのオン抵抗(RDS(ON))が小さいため導通損失が小さく、スイッチング速度が高いためスイッチング損失も小さい。そのため、変換効率が高まった」と説明する。

 さらに、設計結果B300で特筆すべきは、電源占有面積が373mm2と小さいことである。設計結果A300と比べると約半分である。電源占有面積を大幅に小型化できた理由は、スイッチング・レギュレータICのスイッチング周波数にある。LM2596のスイッチング周波数は150kHzだが、LM22676はその約3倍の500kHzと高い。スイッチング周波数が高くなれば、周辺部品のコンデンサやインダクタの占有面積を小型化できる。実際に、設計結果A300で採用したインダクタの占有面積は243mm2だったが、設計結果B300で採用したインダクタは151mm2と小さい(表4)。もちろん、占有面積が小さくなれば、部品のコストも減る傾向にある。部品コストについては、設計結果A300では3.73米ドルだったが、設計結果B300では3.14米ドルと約20%減っている。

表4 表4 設計結果B300の周辺部品特性
電源ICに「LM22676」を選び、オプティマイザ・ダイヤルを「3」に合わせた際の解析結果で採用された周辺部品の特性。

 なお、LM22676を使った場合で、オプティマイザ・ダイヤルを5に合わせると変換効率は85%まで高まる。ただし、電源占有面積は1089mm2と大きくなり、部品コストは4.29米ドルと高くなってしまう。いずれも、インダクタの大型化と高コスト化の影響を大きく受けている(表5)。

表5 表5 設計結果B500の周辺部品特性
電源ICに「LM22676」を選び、オプティマイザ・ダイヤルを「5」に合わせた際の解析結果で採用された周辺部品の特性。

 今回は、単一負荷の例題としてASICの入出力インターフェース部への電力供給を取り上げた。ただし、実際のASICではこのほか、コア部やアナログ・フロントエンド部などにも電力を供給する必要がある。すなわち、複数負荷に対応した電源回路を設計する必要がある。複数回路に対応した電源回路設計の手順と勘所については、次回解説しよう。

注1)オンライン設計支援ツール「WEBENCH Power Designer」には、ナショナル セミコンダクター ジャパンのホームページからアクセスできる。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本テキサス・インスツルメンツ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EDN Japan 編集部/掲載内容有効期限:2013年3月31日

設計に役立つヒント集

宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎:
第24回 割り込みっていろいろあるのですか?どんな種類があるか教えてください。

今回は、外部割り込み、内部割り込み、ソフトウェア割り込みについて詳しく解説しています
全文を読む


電源IC選択のヒント集
電源IC 使用時の注意点をわかりやすく説明しているほか、使用時に発生する可能性のあるさまざまなトラブルとその対処法についても紹介しています。ぜひご利用ください。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
Part 1をダウンロード
Part 2をダウンロード


アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド
日本語版 PDF

英語版で高い評価を受けてきたポケット・ガイドの日本語版が完成しました。基板レベルやシステム・レベルの回路設計でよく使われるアナログ設計式を紹介しています。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
ダウンロード



facebook & twitter

製品情報、セミナーや展示会などのイベント情報をお知らせしています。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.