ニュース
» 2011年01月01日 00時00分 UPDATE

HD映像を非圧縮で通信する車載SERDES I/F IC

[Automotive Electronics]

 ナショナル セミコンダクター ジャパンは、車載映像通信インターフェース(I/F)規格であるFPD-Link IIIに準拠するSERDES(シリアライザ/デシリアライザ)インターフェースIC「DS90UH925Q/DS90UH926Q」のサンプル出荷を開始した。パッケージは、シリアライザのDS90UH925Qが48端子のLLP、デシリアライザのDS90UH926Qが60端子のLLP。3.3Vの単一電源で動作する。動作温度範囲は−40〜105℃。量産出荷は2011年4〜6月期の予定で、1000個購入時の単価はそれぞれ11.25米ドル。


AE12_np_ph05.jpg

 FPD-Link IIIは、米National Semiconductor社が2010年6月に発表した最新の車載映像通信インターフェース規格である。最大2.975ギガビット/秒(Gbps)の通信速度を実現したことと、機器間の接続に用いるケーブルが1本のツイストペアケーブルで済むことを特徴とする。複数の車載カメラの映像信号を同期させる機能なども備える。

 DS90UH925Q/DS90UH926Qを用いることで、1.33Gbpsの帯域幅が必要になる非圧縮での高品位(HD)映像(720p)の通信が可能になる。コンテンツ保護機能であるHDCP(High-Bandwidth Digital Content Protection)も搭載する。通信可能な距離は10mで、自動車内部の厳しいノイズ環境に対応している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.