連載
» 2011年02月01日 00時00分 UPDATE

抵抗/コンデンサ/コイルの基本を学ぶ(4):コイルの基本、選択のポイント (4/4)

[河合一,EDN Japan]
前のページへ 1|2|3|4       

抵抗/コンデンサ/コイル選択のポイント

 本連載では4回にわたって、抵抗/コンデンサ/コイルの基本的な特性/仕様、その種類と選択方法、具体的な利用例について解説してきた。抵抗/コンデンサ/コイルは電気/電子回路における基本要素だが、それぞれの部品自体が抵抗値、容量値、インダクタンスの各要素で構成されていることも理解できたであろう。これらの受動部品を使用するにあたって、理解し、検証すべき重要な項目について簡単にまとめると次のようになる。

  • 各特性の初期値と誤差(規定条件)
  • 各特性の変動要因と変動量(対温度、対周波数、対印加電圧など)
  • 使用目的に応じた最適な種別の選択(特性/仕様)

 実際の設計において、少なくとも上記の3項目の検討を実践している限り、大きなトラブルは避けることができるはずだ。なお、本連載ではチップ部品で特に重要になる、プリント基板への実装技術(ランド設計、はんだ条件、洗浄条件)や信頼性、海外規格などに関する解説は割愛した。これらについては、別の機会に譲るということでご了承願いたい。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.