ニュース
» 2011年06月07日 00時00分 UPDATE

自動車1台当たりの半導体部品、2014年には425米ドルに

[EDN Japan]

 米IC Insights社は、「自動車1台当たりに使用される半導体部品の総額は、2011年は350米ドルに上る」との予測を発表した。2010年の305米ドルに比べて15%の増加となる。同社によると、「2014年まで9%の年平均成長率で増加し、2014年には、425米ドルに達すると見込んでいる」という。

 IC Insights社は、この増加を促す要因として、自動車における通信、エンターテインメントシステム、安全機能、省電力化などを挙げた。中でも、安全機能については、「特に、欧州では、2011年11月以降に販売されるすべての新車に、タイヤ空気圧センサーを取り付けることが義務付けられている。同様の規制は米国でも2006年に制定された。米国では、2012年以降に販売される新車に、ESC(Electronic Stability Control)を搭載しなければならない。また、リアカメラの搭載も近いうちに義務化される見込みだ」(同社)という。

 さらにIC Insights社は、「今後は、ポータブル機器のコンテンツを、自宅、オフィス、自動車間で自由にやりとりりできるかどうかなど、接続性や車載テレマティクスの機能に、消費者の注目が集まると考えられる」との見解を示した。

(Electronic News)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.