ニュース
» 2011年07月01日 00時00分 UPDATE

電圧計測精度が±1mVのLiイオン電池向け監視IC

[Automotive Electronics]

 日本テキサス・インスツルメンツは、リチウム(Li)イオン電池用の監視IC「bq76PL536」を発表した。ハイブリッド車や電気自動車、無停電電源(UPS)、電動工具などで使われるLiイオン電池を主なターゲットとする。パッケージは64端子のHTQFP。1000個購入時の参考単価は4.30米ドル。


AE14_np_ph02.jpg

 bq76PL536は、電圧計測精度として±1mV(代表値)を実現している。そのため、電池の残量を精度良く計測することができる。また、過電圧や電圧低下、過熱などに対する保護機能を内蔵していることから、保護用のFETを外付けする必要がない。さらに、複数のbq76PL536をスタック型で接続することにより、同IC間に絶縁用部品を追加することなく、最高192個のセルの監視が行える。同IC間では、伝送速度が1メガビット/秒のSPI(Serial Peripheral Interface)を介して通信が行えるようになっている。静止電流は12µA。動作温度範囲は–40〜85℃である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.