ニュース
» 2011年07月01日 00時00分 UPDATE

メンターのハーネスツール、新ブランド名は「Capital」

[Automotive Electronics]

 メンター・グラフィックス・ジャパンは、自動車/航空宇宙/軍需産業向けに展開してきたワイヤーハーネス設計ツール「CHS」の機能を拡張するとともに、ツールのブランド名を「Capital」に変更すると発表した。

 機能拡張の内容としては、電気プラットフォームの設計要件の定義、ワイヤーハーネスの製造、保守整備、という3つのプロセスフローに対応するためのツールが追加された。まず、電気プラットフォームの設計要件を定義するプロセスフローで用いられるのが「Capital Level Manager」である。Capital Level Managerを利用すれば、最終製品の品種数を豊富にしたい製品企画部門と、品種数を増やすことで電気プラットフォームが複雑になることを避けたい設計部門、双方の要件のバランスをとって最適化することが可能になる。

 次に、ワイヤーハーネスを製造するプロセスフローで用いられるのが「Capital ModularXC」だ。Capital ModularXCは、ワイヤーハーネスをモジュール化して管理することにより、ワイヤーハーネスを効率的に製造できるようにする。最後に、保守整備のプロセスフローに用いられるのが「Capital Publisher」である。Capital Publisherには、製品の設計データやその関連データから、その製品の保守整備に必要となるサービスマニュアルなどのドキュメント(文書)を自動的に生成する機能がある。また、このドキュメントをデータベース上で運用することにより、パソコンやスマートホンのブラウザを用いてドキュメントを閲覧可能にする機能も備えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.