ニュース
» 2011年08月25日 00時00分 UPDATE

米国の電池ホルダーメーカーが新製品を発売、ブランド名は「Snap Dragon」

[EDN Japan]

 米国の電池ホルダーメーカーであるMemory Protection Devices(MPD)は2011年7月、カバー付きリチウムコイン電池ホルダーの新製品「Snap Dragon(スナップドラゴン)」を発表した。一般的なコイン電池ホルダーよりも高い耐衝撃性/耐振動性を備えるとともに、カバーなしタイプの電池ホルダーと同様に低価格であることを特徴とする。主に、キーレスエントリなどの車載機器や携帯機器の用途に向ける。


110825mpd_01.jpg

 現在、MPDが販売しているSnap Dragonの品種は、CR2032タイプのリチウムコイン電池向けのものである。型番名は、基板に取り付けるベース側の部品が「BHSD-2032-SM」で、カバーが「BHSD-2032-COVER」。BHSD-2032-SMは、高耐熱が特徴の液晶ポリマー樹脂製で、鉛フリーはんだを用いたリフローなどの実装プロセスに対応している。BHSD-2032-COVERはポリプロピレン製で、耐久性と柔軟性を備えることからコイン電池の交換を容易に行えるという。なお、コイン電池を組み込む際には、コイン電池をカバーにはめこんだものを、ベースに組み付けることになる。カバーをした状態の部品の高さは、カバーのない状態から1mm増えるだけで済む。また、コイン電池を装着して2mの高さから落下させても電池が外れないという。

 1000個発注時の単価は、BHSD-2032-SMが0.52米ドル、BHSD-2032-COVERが0.16米ドルとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.