ニュース
» 2011年10月25日 00時00分 UPDATE

コールドクランクを防ぐDC-DCコンバータIC、入力電圧低下時は昇圧モードに切り替え

[EDN Japan]

 Intersilは2011年10月、出力電流が2.5Aの降圧型DC-DCコンバータIC「ISL78200」を発表した。主に自動車のエンジンスタータなどの用途に向ける。車載部品の品質規格であるAEC-Q100に準拠している。

 冬季など気温が低いとき、鉛電池の電圧が一時的に低下することでエンジンスタータが動作しなくなることがある。このコールドクランクと呼ばれる現象が起きると、自動車のエンジンを始動できなくなってしまう。ISL78200は、コールドクランクが発生して鉛電池からの入力電圧が低下している場合、自動的に昇圧モードに切り替わる「プリブースト機能」を備えている。これにより、入力電圧が3.0Vまで低下しても、エンジンスタータを動作させるのに必要な出力電圧を確保できるとしている。

mm_111025intersil.jpg

 ISL78200は、オン抵抗が90mΩのハイサイド用MOSFETと、ローサイド用のMOSFETゲートドライバを内蔵している。入力電圧範囲は3.0V〜40V。また、動作温度が85℃のときに、5.0V/2.5Aの電圧/電流を出力できる。このとき、ヒートシンクは不要である。スイッチング周波数は200kHz〜2.2MHzの範囲で設定可能である。無負荷時の消費電流は180μA。

 また、プリブースト機能を持たない「ISL78205」も用意している。ISL78200と同様に、85℃のときに2.5Aの電流出力が得られる製品で、汎用電源や、24Vを用いるバスパワーアプリケーションといった用途に向ける。

 ISL78200、ISL78205ともに、20端子HTSSOPで供給される。5万個購入時の単価は、ISL78200が0.98米ドル、ISL78205が0.88米ドルとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.