ニュース
» 2011年12月14日 00時00分 UPDATE

音響特性を向上した0.9mm厚の防水対応圧電スピーカ

[EDN Japan]

 村田製作所は2011年12月、防水対応の薄型圧電スピーカの新製品「VSLBG2216Eシリーズ」を発表した。2010年6月に発表した「VSLBG1914Eシリーズ」と同様に、0.9mmの厚さとIPX7等級(水深1mに30分沈めても内部に浸水しない)の防水性能を維持しながら、音響特性を高めた。防水性能を持つ、携帯電話機やスマートフォン、タブレット端末、携帯音楽プレーヤ、デジタルカメラなどの各種モバイル機器の用途に向ける。すでに100万個/月の規模で量産を開始している。サンプル価格は250円。

 スピーカを備えるモバイル機器に防水機能を搭載する場合、防水シートをスピーカの表面に実装することが多い。VSLBG2216Eシリーズであれば、防水シートを用いなくて済むので、防水シートの部品コストと実装コストを低減できる。また、スピーカの放音孔を防水シートでふさぐことで発生する音響特性の劣化も起らない。

111214murata_01.jpg

 さらに、既存品のVSLBG1914Eシリーズと比べて、一次共振周波数を低周波数化するなどして音響特性を高めている。音響特性の向上には、2011年6月に発表した厚さ0.5mmの圧電スピーカ「VSLBP2115Eシリーズ」で採用した技術を用いている。

 主な仕様は以下の通り。出力音圧レベルは93.5±3.0dB(条件:1.0k/1.25k/1.5k/2.0kHzの4点平均、測定距離100mm、5Vrms正弦波入力)。共振周波数は1150Hz±20%(条件:5Vrms正弦波入力)。静電容量は1.5μF±30%(0.1Vrms、120Hz)である。外形寸法は16.5×22.0×0.9mmとなっている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2018 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.