ニュース
» 2010年03月12日 00時00分 UPDATE

車載対応の「Spartan-6」、Xilinx社がインフォテインメントシステム向けに展開

[EDN Japan]

 米Xilinx社は2010年3月、FPGAファミリ「Spartan-6」の車載グレード対応品として「XA Spartan-6」を発表した。2010年後半から、一部顧客向けに出荷を開始する予定である。

 Xilinx社は、従来ASICやASSPが採用されていた分野においてFPGAの採用を広げることを目的に、「ターゲット デザイン プラットフォーム」と呼ぶ開発ツールの展開を拡大している。そして、2010年から、個別の機器に向けたマーケット特化型の開発キットを投入する方針を表明していた。XA Spartan-6は、このマーケット特化型の開発キットの1つである「インフォテインメント コンパニオン チップ ターゲット デザイン プラットフォーム」の中核に位置するデバイスだ。同キットは、リアルタイムでの画像処理が必要な運転支援システムをはじめとしたインフォテインメントシステムの開発に最適化されているという。なお、同キットは、2010年内に発売される予定である。

 XA Spartan-6には、「XA Spartan-6 LX」と「XA Spartan-6 LXT」の2つの製品が存在する。両製品の機能は、車載グレードに対応すること以外は、ベースとなっている「Spartan-6 LX」と「Spartan-6 LXT」と同じである。車載グレード対応については、動作温度範囲が−40〜100℃のものと、−40〜125℃のものが用意されている。

 また、XA Spartan-6向けのIP(Intellectual Property)コアとして、米Inova Semiconductors社が開発した「APIX(Automotive Pixel Link)」も発表された。同IPを用いることにより、1個のXA Spartan-6上に、広帯域幅の映像信号/全二重通信/電力を伝送する機能を搭載することが可能になる。これを利用すれば、1個のFPGAチップによって、車載カメラやカーナビゲーションシステムなど複数のソースから得られる映像を、高品質かつリアルタイムに複数の車載ディスプレイに伝送する機能が実現できる。

関連キーワード

車載 | FPGA | ザイリンクス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.