ニュース
» 2012年02月17日 13時11分 UPDATE

TDK ZCAD-Dシリーズ:従来比で30%低背化したクランプフィルタ、薄型テレビ背面部に組み込み可能

TDK-EPCの「ZCAD-Dシリーズ」は、薄型化が進むテレビの背面部に組み込めるように低背化したクランプフィルタである。

[EDN Japan]

 TDK-EPCは2012年2月、同社従来品と比べて最大30%の低背化を実現したクランプフィルタ「ZCAD-Dシリーズ」を発表した。主な用途は薄型テレビの電源ラインやスピーカラインのEMC対策用ノイズフィルタである。同年4月から10万個/月の規模で量産を開始する。

 同社のクランプフィルタは、円筒形のフェライトコアを縦割りにして樹脂ケースに一体化した構造が特徴となっている。しかし、薄型化が進むテレビの背面部内の配線でクランプフィルタを利用するにはさらに厚みを減らした製品が必要になる。ZCAD-Dシリーズは、フェライトコアの焼成方法を工夫することで、ノイズ吸収効果を維持しながらも最大30%の低背化を実現している。


120217tdk_01.jpg

 ZCAD-Dシリーズは3つの品種がある。それぞれの外形寸法、インピーダンス(100MHz時)、サンプル価格は以下の通り。「ZCAD10D」は、27.0×14.5×10.0mm、95Ω、20円。「ZCAD13D」は、34.0×20.0×13.0mm、150Ω、35円。「ZCAD20D」は、35.0×30.0×20.0mm、210Ω、70円。使用温度範囲は−25〜85℃で、3品種共通となっている。

関連キーワード

TDK | 薄型テレビ | EMC | 電源 | 配線


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.