ニュース
» 2012年02月20日 18時19分 UPDATE

タイコ エレクトロニクス SESDシリーズ:「Thunderboltにも使える」、タイコエレが静電容量の低いESD保護素子を発売

「SESDシリーズ」は、±20kVというESD耐圧を確保しつつ、静電容量が双方向で0.1pF、一方向で0.2pFと低い。また、マルチチャネル品の部品高さは、他社品の半分以下となる0.31mmを実現した。

[EDN Japan]

 タイコ エレクトロニクス ジャパンは2012年2月、シリコンベースのESD(静電気放電)保護素子「SESDシリーズ」を発表した。±20kVというESD耐圧を確保しつつ、静電容量が双方向で0.1pF、一方向で0.2pFと低いことが特徴。同社は、「業界で最低の静電容量と最高のESD耐圧を実現したESD保護素子だ」と主張する。主な用途は、USB 3.0、HDMI、eSATA、DisplayPort、Thunderboltといった高速インタフェースを搭載する、PC、スマートフォン、デジタル家電、車載情報機器などである。1万個購入時の単価は0.16米ドル。納期は受注から12週間後となっている。


120220te_01.jpg

 シングルチャネル品の他、チャネル数が2個、4個、6個のマルチチャネル品を含めて合計8品種をそろえる。シングルチャネル品のパッケージは、外形寸法が0.6×0.3×0.31mm(EIA規格の0201サイズ)、もしくは1.0×0.6×0.38mm(EIA規格の0402サイズ)となっている。マルチチャネル品の部品高さは0.31mmを実現しており、他社品と比べて厚みを半分以下に抑えたという。

 また、SESDシリーズは、「他社品と比べて静電容量が92%低い」(同社)。このため、高速インタフェースに用いられている差動伝送路に使用しても挿入損失を小さく抑えることができる。例えば、高速インタフェースであるThunderboltにも十分に適用可能だという。さらに、業界標準となっているESD規格のIEC61000-4-2(関連記事)が求める±8kVよりも高い±20kVというESD耐圧を実現している。

 その他の仕様は以下の通り。リーク電流は25nAで、ピークパルス電流は2.0A(いずれも標準値)。仕様温度範囲は−50〜125℃。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.