ニュース
» 2012年02月21日 09時30分 UPDATE

川崎マイクロ KHN13200:HD-PLC用通信IC、240Mビット/秒の高速伝送で0.4Wと低電力

アナログフロントエンド回路とベースバンド処理回路を1個のチップに統合した。物理層で240Mビット/秒の伝送速度を確保しながらも、「IEEE 1901に準拠するICとしては業界で最も低消費電力だ」と主張する。

[EDN Japan]

 川崎マイクロエレクトロニクスは2012年2月、電力線通信(PLC)の標準規格の1つである「HD-PLC(IEEE 1901)」に準拠し、高いデータ伝送速度と低い消費電力を特徴とする電力線通信IC「KHN13200」を発表した。同社が従来、アナログフロントエンドICとベースバンド処理ICのチップセット構成で提供していた機能を1個のチップに統合した製品である。「物理層で240Mビット/秒の伝送速度を確保しながらも、IEEE 1901に準拠するICとしては業界で最も低消費電力だ」(同社)と主張する。2012年3月にサンプル出荷を開始し、同年5月に量産出荷を始める予定だ。

図1 図1 HD-PLC(IEEE 1901)通信LSI「KHN13200」 16×16mmの放熱パッド付き144端子TQFP封止である(クリックで画像を拡大)。出典:川崎マイクロエレクトロニクス

 電力線を介してやりとりするデータを、イーサネットのプロトコルに変換して出力する機能を備えた通信用ICである。すなわち、PLCとイーサネットのブリッジICとして利用可能だ。用途としては、ホームネットワーク市場に向けたインターネット接続テレビ用のセットトップボックスや、ホームゲートウェイ装置、イーサネットとのブリッジ機能を提供するアダプタ、スマートグリッド市場に向けた電力メーターやデータ集約機器(コンセントレーター)などを想定する。

 消費電力は、動作時が0.4W、節電モード時が0.07Wに抑えた。既存のチップセットで消費電力が特に大きかったアナログフロントエンド部の回路を見直すことで、データ伝送速度を維持したまま消費電力を引き下げたという。同社既存品はチップセット全体で動作時に0.96Wを消費していた。実効的なデータ転送速度は、通信環境によって異なるが、TCP利用時に60Mビット/秒程度、UDP利用時に90Mビット/秒程度だとしている。

 パッケージは16×16mmの放熱パッド付き144端子TQFP。動作温度範囲は−40〜85℃。1000個購入時の単価は2500円である。

図2 図2 「KHN13200」の機能ブロック図 PLCとイーサネットのブリッジとして機能する(クリックで画像を拡大)。出典:川崎マイクロエレクトロニクス

エネルギーコントロール(Energy Control)特選コーナー

EnergyControl_title_490.jpg
環境発電から、電子機器の省エネ設計やバッテリーマネジメント、電気自動車、スマートグリッドまで、広範囲にわたるアプリケーションをカバー。パワーエレクトロニクスの最新情報を集約してお届けする!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.