ニュース
» 2012年02月22日 13時22分 UPDATE

TDKラムダ EVAシリーズ:大容量二次電池用充電器のカスタム開発が不要に、TDKラムダが標準品を発売

電気自動車、プラグインハイブリッド車、非常用電源など、容量がkWh単位の二次電池を持つ機器の生産量が飛躍的に増えている。TDKラムダは、これらの機器に最適な充電器の標準品を開発した。

[EDN Japan]

 TDKラムダは2012年2月、大容量二次電池用充電器の標準品「EVAシリーズ」を発表した。主に、電気自動車やプラグインハイブリッド車、非常用電源などに搭載されている、容量がkWh単位になるリチウムイオン電池を充電する用途に向ける。同社によれば、「これまで大容量二次電池の充電器といえば、カスタム品を開発するか、AC-DC変換を行える高価な標準電源を用いるしかなかった。EVAシリーズは、大容量二次電池の充電器向けに開発された初めての標準品となるだろう」と述べている。

 第1弾製品となるのは、最大出力が2.4kWの「EVA2400」である。EVA2400には、定格の出力電圧と出力電流が異なる3機種がある。「EVA150-16」は150V/16A、「EVA300-8」は300V/8A、「EVA600-4」は600V/4Aまでの出力が可能。2012年4月末からEVA300-8の受注を開始する。他の2機種もその後順次受注を始める予定だ。価格はいずれも32万円である。

120222tdk_lambda_01.jpg

 3機種共通の仕様は以下の通り。電圧設定範囲は定格電圧の10%〜100%、電流設定範囲は0A〜定格電流まで。変換効率は最高で90%弱。入力電圧は単相のAC170〜265Vに対応する。最大4台までのマスター‐スレーブ運転をはじめとした並列運転が可能だ。標準装備のRS485インタフェースを介した外部からの通信制御も行える。外形寸法は横250×縦445×高さ86mmで、機器への組み込みに最適な19インチラックの2Uサイズとなっている。

 また、UL60950-1、IEC60950-1、EN60950-1といった国際安全規格にも準拠している。無償保証期間は5年間である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.