ニュース
» 2012年06月01日 21時38分 UPDATE

LitePoint IQxel:ワンボックス型の無線LAN試験装置、次世代規格802.11acにいち早く対応

IQxelは、無線LANの次世代規格「IEEE 802.11ac」にいち早く対応したワンボックス型の試験装置である。複数台を接続することで最大8×8のMIMO構成で試験が可能だ。同規格の帯域幅のオプションである80MHzと160MHzの両方に対応する。

[薩川格広,EDN Japan]

 無線LAN機器の量産ライン向け試験装置を手掛ける米国のLitePoint(ライトポイント)は、次世代の高速無線LAN規格である「IEEE 802.11ac」の物理層のテストに対応した新型機「IQxel(アイキューエクセル)」を開発し、2012年5月に日本国内で出荷を開始した。「IEEE 802.11acに対応したワンボックス型の試験装置は、IQxelが業界初だ」(日本法人のライトポイント・ジャパンで代表取締役を務める佐藤隆氏)という。同規格に対応する機器や無線通信チップの量産試験に使える。価格は400万円台である。

 試験対象物が出力する高周波信号の周波数特性や変調精度(EVM)、コンスタレーション(変調シンボルの遷移をグラフ表示したもの)を測定する機能を備えた、ワンボックス型の試験装置である。制御用PCを外付けして使い、測定結果もそのPC上で確認する。

 IEEE 802.11acが帯域幅のオプションとして定める80MHzと160MHzの両方に対応可能だ。ただし現時点で出荷するのは80MHz対応版で、160MHz対応版については2012年第3四半期(7〜9月)に出荷を始める予定である。

IQxel IEEE 802.11ac対応の新機種「IQxel」 出典:ライトポイント・ジャパン

 IEEE 802.11acの他、無線LANの既存規格であるIEEE 802.11 a/b/g/nにも対応した。SISO(Single Input Single Output)とMIMO(Multiple Input Multiple Output)のいずれにも構成することが可能だ。MIMO構成では、複数のIQxelを接続することで、最大で8×8まで拡張できる。また、この試験装置単体で、無線LAN規格に加えてBluetooth 1.0/2.0/3.0/4.0の試験にも対応することが可能である。

 試験装置としての基本的な特性は以下の通り。入力周波数範囲は2150〜2720MHz、3300〜3800MHz、4900〜6000MHz。最大入力電力はピーク値が+30dBm、平均値が+25dBm。出力電力範囲は−95〜+10dBm(連続波(CW)出力時)。出力電力の確度は±0.50dB(−95〜0dBmの範囲において)。

ワイヤレスM2M 特選コーナー

ワイヤレスM2M
新たな社会インフラを形作る、さまざまな無線通信技術の知っておくべき基礎知識や、市場動向、新技術情報をここに集約!!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.