Special
» 2012年07月09日 00時00分 UPDATE

これだけは知っておきたいアナログ用語:MEMS

[PR/EDN Japan]
PR

photo

MEMS

 MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)とは、Si(シリコン)基板やガラス基板、水晶基板などに非常に小さい(μmオーダー)機械構造物などを作り込む技術のこと。この機械構造物とともに、電子回路などを集積することでデバイスとする。「メムス」と発音する。日本では、マイクロマシンと呼ばれることもある。

さまざまなデバイスを実現できる

 MEMSデバイスの製造方法は、大きく分けると、表面(サーフェイス)マイクロマシンとバルク・マイクロマシンの二つに分けられる。前者は、Si基板などの表面に作り込んだ数μm厚の薄膜を利用して製造したもの。後者は、Si基板自体、もしくは数十μmの厚膜を利用して製造したものだ。いずれの場合も、エッチングやフォトリソグラフィ、薄膜成長といった技術を駆使して機械構造物を作り込む。

 作り込むことが可能な機械構造物としては、ビーム(片持ち梁)やスプリング(ばね)、ウエイト(重り)、メンブレン(隔膜)、ダイヤフラム、ミラーなどがある。こうした機械構造物を使って、さまざまなデバイスを実現する。センサであれば、加速度センサや角速度センサ(ジャイロスコープ)、圧力センサ、流量センサ、温度センサなど。このほか、ディスプレイ、プリンタ・ヘッド、光スイッチなどを実現可能だ。

 MEMS技術を使ってセンサなどのデバイスを実現するメリットとしては、小型化や低消費電力化、低コスト化などが挙げられる。例えば、外形寸法については、従来の加速度センサは、たばこ箱程度と大きかった。従って、アプリケーションは大きな制限を受けていた。一方、MEMS技術を適用すれば、数mm角で実現できる。このため、携帯電話機やスマートフォン、家庭用ゲーム機のコントローラなどへの搭載が進んでいる。

ミラーを並べてディスプレイに

 それでは、MEMSデバイスの原理を紹介しよう。まずは加速度センサである。このセンサは、検出方法の違いで複数のタイプがある。ここでは、ピエゾ抵抗型を紹介しよう。ピエゾ抵抗型では、円形状のダイヤフラムを使う。これは円形状の膜であり、円周部で支えられ、浮いている。膜の中央部には重りが吊されている。これに加速度がかかると、重りが移動し、膜が変形する。この変位量をピエゾ抵抗で検出することで、加速度を求める仕組みである。

photo 図1 ワンチップ IR MEMS 温度センサ「TMP006」

 MEMS技術を利用したディスプレイの代表例は、DMD(digital mirror device)がある。現在、米テキサス・インスツルメンツ(TI)社が製品化しており、プロジェクターなどに広く採用されている。DMDでは、画素に相当するミラーが、Si基板上に画素分だけ作り込まれている。一つ一つのミラーは四角形状であり、対角部の真下には電極があり、そこに信号を与えるとミラーが傾き、光の反射角を制御できる。すべてのミラーに対してこの制御を実行することで、スクリーンに画像を表示する仕組みである。

 このほか、TI社は、MEMS技術で製造した赤外線(IR)温度センサIC「TMP006」も製品化している(図1)。赤外線を吸収することで出力電圧が変化するサーモパイル(熱電堆)をMEMS技術で作成した。このほか、チップ上にシグナル・コンディショニング回路や16ビットA-D変換器、ローカル温度センサなども集積している(図2)。サーモパイルを使った温度測定範囲は−40〜+125℃。センサ出力電圧は7μV/℃である。パッケージは、実装面積が1.6mm×1.6mmと小さい8ピンWCSPである。

photo 図2 TMP006 機能ブロック図

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本テキサス・インスツルメンツ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EDN Japan 編集部/掲載内容有効期限:2013年3月31日

設計に役立つヒント集

宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎:
第24回 割り込みっていろいろあるのですか?どんな種類があるか教えてください。

今回は、外部割り込み、内部割り込み、ソフトウェア割り込みについて詳しく解説しています
全文を読む


電源IC選択のヒント集
電源IC 使用時の注意点をわかりやすく説明しているほか、使用時に発生する可能性のあるさまざまなトラブルとその対処法についても紹介しています。ぜひご利用ください。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
Part 1をダウンロード
Part 2をダウンロード


アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド
日本語版 PDF

英語版で高い評価を受けてきたポケット・ガイドの日本語版が完成しました。基板レベルやシステム・レベルの回路設計でよく使われるアナログ設計式を紹介しています。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
ダウンロード



facebook & twitter

製品情報、セミナーや展示会などのイベント情報をお知らせしています。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.