ニュース
» 2012年07月09日 17時27分 UPDATE

Maxim Pmod対応プラグインペリフェラルモジュール:マイコン/FPGAボード用アナログ拡張モジュール、Pmod準拠の15品種を用意

Maxim Integrated Productsの「Pmod対応プラグインペリフェラルモジュール」は、Digilentが定める「Pmod」規格のインタフェースを備えており、同規格に準拠した各社のFPGAボード/マイコンボードと組み合わせて使える。アナログ/ミックスドシグナルの異なる機能の15品種をラインアップした。

[EDN Japan]

 Maxim Integrated Productsは2012年7月、FPGAボード/マイコンボードに接続して使う、アナログ/ミックスドシグナル周辺機能の拡張モジュール群「Pmod対応プラグインペリフェラルモジュール」を発売した。ボードメーカーである米国のDigilentが定める入出力インタフェース規格「Pmod」規格に準拠しており、同規格に対応するボードならメーカーや品種を問わずに組み合わせて利用可能だ。A-D変換器やD-A変換器、ポテンショメーター、温度センサーなど、機能が異なる15品種を用意した。FPGAやマイコンを搭載する各種組み込み機器のプロトタイピングなどに使える。

Pmod対応プラグインペリフェラルモジュール Maximが供給するPmod対応プラグインペリフェラルモジュール群 アナログとミックスドシグナルの各種周辺機能をモジュール化した。Pmod規格の入出力インタフェースを備えており、同規格に準拠したFPGAボード/マイコンボードと組み合わせて使える。出典:Maxim Integrated Products(クリックで画像を拡大)

 Maximは、これらのモジュールに、各社が供給するFPGA評価ボードに合わせたサンプルソフトウェアとFPGAコンフィギュレーション用ファイルも同梱して提供する。そのため、「ユーザーは短時間でプロトタイピング環境を構築できる」(同社)という。

 対応するFPGA評価ボードは現在のところ3つ。そのうち2つは、Digilentが供給する「Nexys 3」と技術商社のAvnet(アヴネット)が供給する「Avnet Spartan-6 LX9 MicroBoard」で、いずれもXilinx製45nm FPGA「Spartan-6」が実装されている。残りの1つは、AvnetとDigilent、Xilinxの3社が共同で開発した「ZedBoard(ゼドボード)」で、これにはXilinxのARMコア混載28nm FPGA「Zynq(ジンク)」が搭載されている。

 Maximが提供する15品種のモジュールそれぞれの機能と型名は以下の通り。

  1. 130k〜66.6MHzのプログラマブル発振器「DS1086LPMB1」
  2. 5ppm精度のリアルタイムクロック「DS3231MPMB1」
  3. RS-232トランシーバ「MAX3232PMB1」
  4. 8チャネルのリレードライバ「MAX4824PMB1」
  5. 16ビットのD-A変換器「MAX5216PMB1」
  6. デジタルインタフェースを備える2チャネル入り不揮発性ポテンショメーター「MAX5487PMB1」
  7. 8チャネルの12ビットD-A変換器「MAX5825PMB1」
  8. 16ポートの入出力エキスパンダ「MAX7304PMB1」
  9. プログラマブル電流リミッタ「MAX9611PMB1」
  10. 16ビットA-D変換器「MAX11205PMB1」
  11. RS-485トランシーバ「MAX14840PMB1」
  12. SPI/UARTアイソレータ「MAX14850PMB1」
  13. 温度センサー/スイッチ「MAX31723PMB1」
  14. デジタル出力の熱電対「MAX31855PMB1」
  15. 近接検出器「MAX44000PMB1」

 これら全15モジュールを1個ずつセットにした「アナログエッセンシャルコレクション」も用意した。価格は89.95米ドルである。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.