ニュース
» 2012年08月28日 16時40分 UPDATE

アプリックス JM1:後付けして簡単にスマホにデータ収集、M2M用通信モジュールの生産が開始

アプリックスは、既存製品のスイッチやLEDといった信号線に無線通信モジュールを接続し、信号線に流れる電気信号をそのまま取得するという新しいコンセプトのM2M用モジュールの生産を開始した。

[EDN Japan]

 M2M(Machine to Machine)用通信モジュールを新規事業として手掛けるアプリックスは2012年8月、家電やヘルスケア機器といった宅内にあるさまざまな機器を、簡単にスマートフォンに接続する無線通信モジュール「JM1」の生産を開始したと発表した。

 JM1の特徴は、シンプルなデータ取得方法にある(関連記事)。既存製品のスイッチやLEDといった信号線にJM1を接続し、信号線に流れる電気信号をそのまま取得することで、機器の状態をモニタリングする仕組みである。JM1とスマートフォンはBluetoothで接続する。このような構成を採ることで、既存製品のハードウェア構成を変えることなく、コストを抑えて機器のデータをスマートフォンやタブレットPCに集めることが可能になるという。

 対象用途は、家電やヘルスケア機器の他、スポーツや玩具など幅広い。価格は7.99米ドル、外形寸法は18×40mmである。

図 アプリックスが提供を開始したM2M用通信モジュール「JM1」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.