ニュース
» 2012年09月03日 19時56分 UPDATE

アジレント FieldFoxシリーズ:マイクロ波帯の携帯型ネットアナ/スペアナ、「据え置き型並みの確度」うたう

スペアナとベクトルネットアナなどからなる「FieldFoxシリーズ」の新機種群は、最大26.5GHzのマイクロ波帯に対応した上、ダイナミックレンジやノイズ、パワー確度などの基本性能を大幅に改善した。衛星通信やレーダーなどのフィールド試験に加えて、研究開発の現場で手軽に利用できる補助的な測定器としての需要も見込む。

[EDN Japan]

 アジレント・テクノロジーは2012年9月、バッテリ駆動の携帯(ハンドヘルド)型高周波測定器「FieldFoxシリーズ」を拡充し、最大26.5GHzのマイクロ波帯の測定に対応する新機種群を投入した。合計14機種を用意している。具体的には、ベクトルネットワークアナライザ「N9920Aシリーズ」とスペクトラムアナライザ「N9930Aシリーズ」のそれぞれについて、測定周波数の上限が9GHz、14GHz、18GHz、26.5GHzと異なる4機種を取りそろえた他、両方の機能を兼ね備えた機種(同社は「コンビネーション・アナライザ」と呼ぶ)「N9910Aシリーズ」で、測定周波数の上限が同様の4機種に加えて、4GHz、6.5GHzの2機種を供給する。

図1 FieldFoxシリーズの新型機 出典:アジレント・テクノロジー

 これら新機種群の特長は、FieldFoxシリーズの従来機種で6GHzにとどまっていた測定周波数の上限を26.5GHzまで高めた他、測定確度を「据え置き(ベンチトップ)型の測定機と同等に利用できるレベル」まで改善したことである。衛星通信やRF/マイクロ波の基幹通信、レーダーシステムなどのフィールド試験に加えて、研究開発の現場で手軽に利用できる補助的な測定器としての需要も見込む。

 各機種とも、重量をバッテリ込みで3.0kgに抑えた他、冷却用のファンを搭載しない設計で防塵・防滴性を確保し、耐久性と耐候性を高めた。バッテリ駆動時間は3.5時間以上だという。

 ネットワークアナライザは、基本構成でSパラメータの伝送および反射(S11とS21)を測定できる。オプションで、フル2ポート(S21、S11、S12、S22)のSパラメータ測定や、ケーブル/アンテナ解析機能(VSWR測定)、パワーメーターを追加することも可能だ。基本特性としては、18GHzまでの範囲で94dB、20GHzにおいて87dBと高いダイナミックレンジを確保した他、トレースノイズについては±0.004dBに抑えた。「ハンディタイプのネットワークアナライザとしては業界最高の性能だ」(同社)と主張する。

図2 据え置き型と相関のある測定値が得られる 新型機は、マイクロ波帯に対応したネットワークアナライザの「フラッグシップ機」と位置付ける据え置き型の「PNAシリーズ」と同じ校正計算ルーチンを採用しており、相関のある測定値が得られるという。出典:アジレント・テクノロジー (クリックで画像を拡大)

 スペクトラムアナライザは、基本性能である位相雑音を1GHzの10kHzオフセットで−111dBc/Hzと低く抑えた。「レーダーや狭帯域無線など、大信号の近傍にある微小な信号を測定するのに最適だ」(同社)という。さらに、オプションで追加できるパワーメーター機能の測定確度が全周波数範囲にわたって±0.5dBとパワーメータの専用機並みに高いことや、やはりオプションで、マイクロ波帯の信号発生器の機能を搭載可能といった特長もある。なおこの信号発生器の機能は、スペクトラムアナライザ用の信号源とは別に本体に内蔵している信号源を使ったものなので、スペクトラム解析の機能と独立に信号発生の機能を利用することが可能だ。

図3 専用機並みの高いパワー確度を達成 パワー測定の確度は、全周波数範囲にわたって±0.5dBを確保した。出典:アジレント・テクノロジー (クリックで画像を拡大)

 コンビネーション・アナライザは、基本性能については上述のネットワークアナライザとスペクトラムアナライザそれぞれと同じ。ただし基本機能として備えるのはケーブル/アンテナ解析機能であり、スペクトラムアナライザやネットワークアナライザの機能はオプションとして搭載する必要がある。

 価格は、9GHzの基本モデルで162万3600円(税別、以下同)から。例えば26.5GHzの機種では、スペクトラムアナライザが250万円を超える程度、ネットワークアナライザが350万円を下回る程度、コンビネーション・アナライザ(オプション搭載機)が450万円を超える程度になる。2012年9月3日付で出荷を開始した。

図4 新機種群の価格比較 概算の価格である。なお、コンビネーション・アナライザについては、基本構成にスペクトラムアナライザとネットワークアナライザのオプションを追加した状態での価格を示した。出典:アジレント・テクノロジー (クリックで画像を拡大)

ワイヤレス設計(Wireless Design)特選コーナー

ワイヤレス設計
携帯電話などの高速移動体通信から、応用が広がる近距離無線、新領域として注目を集めるミリ波通信まで、各種無線システムの設計に不可欠な部品やツール、標準規格や認証テストの最新動向を追う!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.