ニュース
» 2012年09月06日 18時12分 UPDATE

京セラ KT1612:1612サイズのTCXO、位相ノイズを従来比で7dBc改善

京セラクリスタルデバイスの温度補償型水晶発振器(TCXO)の新製品「KT1612」は、同社の従来品に比べて面積を40%削減した1.6mm×1.2mmのサイズを実現している。さらに、位相ノイズも7dBcほど改善した。

[村尾麻悠子,EDN Japan]

 京セラクリスタルデバイスは2012年9月、1.6mm×1.2mm(1612サイズ)の温度補償型水晶発振器(TCXO)「KT1612」を発表した。これまで同社のTCXOは2.0mm×1.6mm(2016サイズ)が最小だったが、これに比べて面積を40%削減したことになる。また、2016サイズの従来品である「KT2016」に比べ、位相ノイズを7dBc(26MHz時、オフセット周波数は1kHz)低減した。京セラクリスタルデバイスによると、「26MHz時に−143dBc/Hz(オフセット周波数は1kHz)の位相ノイズを保証できる。1612サイズでこの位相ノイズは業界最高レベルだ」という。スマートフォンをはじめとする携帯端末の他、スマートメーターなどへの搭載も想定している。

photo

 京セラクリスタルデバイスによると、これまでTCXOでは低コスト化が要求されていた。だが、ここ数年のスマートフォンの急速な普及によって、低コスト化よりも小型化への要求が強くなったという。

 TCXOは、温度補償回路などを搭載したICと水晶振動子を1パッケージに収めたものだ。KT1612は、ICに0.11μmのプロセスを導入することで小型化を実現するとともに、回路設計を最適化して位相ノイズを低く抑えた。従来の2016サイズ品では0.6μmまたは0.35μmを用いていた。

 KT1612の発振周波数は16.369MHz、19.2MHz、26MHz、38.4MHz、52MHz。動作温度範囲は−30〜85℃で、同温度範囲における周波数温度特性は±0.5ppmである。電源電圧範囲は1.68〜3.45V。26MHz時の消費電流は最大1.5mA。

 サンプル価格は1000円で、既にサンプル出荷を開始している。量産出荷は2013年に開始する予定だという。

photo 従来品「KT2016」と、新製品「KT1612」の位相ノイズの比較
新製品は、従来品に比べて位相ノイズを7dBc改善した。また、新製品は10kHz〜1MHzにおける位相ノイズフロア特性にも優れている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.