ニュース
» 2012年09月07日 20時22分 UPDATE

アナログ・デバイセズ AD7091R:参照電圧源内蔵の12ビットSAR型A-D変換器IC、1Mspsで0.43mAと低電力

アナログ・デバイセズの12ビットSAR型A-D変換器IC「「AD7091R」は、3×2mmと小型な上に、消費電流が1Mサンプル/秒時に0.43mAと低い。2.5Vの参照電圧源も内蔵しており、外付けが不要だ。

[EDN Japan]

 アナログ・デバイセズは2012年9月、小型かつ低消費電力を特長とする1Mサンプル/秒動作の12ビット逐次比較(SAR)型A-D変換器IC「AD7091R」を発表した。参照電圧源を内蔵する。既にサンプル供給を始めており、量産出荷にも対応可能だ。バッテリやUSB経由の外部電力で駆動する、データ集録モジュールや携帯/可搬型の計測器・医療機器などに向ける。

 実装面積が3×2mmと小さい10端子LFCSP封止品を用意しており、「競合他社品に比べて33%小型だ」(同社)と主張する。消費電流は1Mサンプル/秒動作時に標準0.349mA、最大0.430mA(電源電圧が3Vのとき)と低く、「競合他社が供給する最も近いSAR型A-D変換器ICに比べて、70%以上も低消費電力だ」(同社)とする。パワーダウン時の消費電流は264nA、待機時は21.6μAに抑えた。

ns_AD7091R_01.jpg

 電源電圧範囲は2.7〜5.25V。DC精度は、積分非直線性誤差(INL)が12ビット±1LSB。内蔵する参照電圧源の電圧は2.5Vで温度特性は4.5ppm/℃。価格は1000個購入時の単価が2.15米ドル。実装面積が5×3mmの10端子MSOP封止品も用意した。評価ボード「EVAL-AD7091RSDZ」も59米ドルで提供する。ただしこの評価ボードを使用するには、別途99米ドルで販売する制御ボード「EVAL-SDP-CB1Z」が必要である(価格はいずれも米国におけるもの)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.