ニュース
» 2012年10月16日 12時41分 UPDATE

富士通セミコン Interface Bridge SoC:「Wi-Fiチューナや録画機に最適」、10のインタフェースとARMコアを1チップ化

富士通セミコンダクターの「Interface Bridge SoC」は、USBやSerial ATA、トランスポートストリームなど合計10種類のインタフェース回路をまとめた、ARMコア搭載LSIである。モバイル機器用Wi-Fiテレビチューナや家庭用録画機などに向けて最適化した。

[EDN Japan]

 富士通セミコンダクターは2012年10月、モバイル機器用Wi-Fiテレビチューナや家庭用録画機といったデジタル映像信号を扱う機器に向けて、CPUコアとさまざまなインタフェース回路を1個のチップにまとめたブリッジLSI「Interface Bridge SoC」を発表した。USB 2.0/USB 3.0やSerial ATA、PCI Express、Ethernet MAC、トランスポートストリーム(Transport Stream:TS)など、合計10種類のインタフェースを搭載する。CPUコアにはARMのデュアルコアプロセッサ「Cortex-A9」を採用した。2012 年12月下旬にサンプル出荷を開始する。

426端子FBGA封止 パッケージは16mm角の426端子FBGAである。

 同社によると、市販のモバイル機器用Wi-Fiテレビチューナには、Wi-Fiモジュールの他、ビデオ信号のフォーマットや解像度の変換を担ういわゆるトランスコーダLSIが搭載されているが、その制御を担う最適なチップが市場に供給されていないのが実情だった。「レコーダー用のマルチデコーダLSIやネットワーク製品用の通信プロセッサでは性能が過剰であり、マイコンなどの廉価なCPUでは性能が不足するという問題があった」(同社)。一方で、録画機や録画機能付きテレビなどを手掛ける機器メーカーからは、「外部接続用に搭載する各種インタフェースを制御する機能を備えたCPUが必要だ」という声が上がっていたという。そこで同社は、こうした市場の要求に応えるべく今回のブリッジLSIを開発したとする。

発表したブリッジLSIの適用例 今回のブリッジLSIを携帯型機器向けのWi-Fiテレビチューナに適用する例である。出典:富士通セミコンダクター (クリックで画像を拡大)

 今回発表したInterface Bridge SoCの型番は「MB86E631」。10種類のインタフェースの内訳は、上述の6種類の他、汎用インタフェースがUARTとI2Cの2種類、メモリインタフェースがDDR3とクワッドシリアルフラッシュ対応コントローラの2種類である。内蔵するCortex-A9コアの動作周波数は最大500MHz。16mm角の426端子FBGAに封止した。同社は、このブリッジLSIと自社製のトランスコーダLSIを実装したリファレンスボードを提供する他、Wi-Fiテレビチューナ向けにDLNA対応のLinux用リファレンスソフトウェアも用意しているという。

リファレンスボードの構成図 リファレンスボードの構成図である。出典:富士通セミコンダクター (クリックで画像を拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.