ニュース
» 2012年11月19日 16時55分 UPDATE

TI KeyStoneマルチコアSoC製品:クラウド対応機器に向けたマルチコアSoC群、Cortex-A15を最大4個集積

ARMの「Cortex-A15 MPCore」の他、自社のDSPコア「TMS320C66x」や、セキュリティ処理回路、パケット処理回路、イーサネットスイッチ回路などを、「KeyStone」と呼ぶTI独自のアーキテクチャで統合して集積した。28nm世代の半導体プロセス技術で製造する。

[薩川格広,EDN Japan]
ns_ET_TI_KeyStone_120.jpg

 日本テキサス・インスツルメンツ(TI)は2012年11月、クラウドコンピューティングを実現する各種業務用機器に向けて、ARMのハイエンドコア「Cortex-A15 MPCore」ベースのマルチコアSoC(System on Chip)製品群を発表した。Cortex-A15 MPCoreの他、自社のDSPコア「TMS320C66x」や、セキュリティ処理回路、パケット処理回路、イーサネットスイッチ回路などを、「KeyStone」と呼ぶTI独自のアーキテクチャで統合して集積しており、「圧倒的な性能を大幅に低い消費電力で提供できる」(同社)と主張する。

ロードマップ 「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(ET2012)」(2012年11月14〜16日、パシフィコ横浜)では、実物の展示はなかったが、KeyStoneアーキテクチャ製品群のロードマップの中に今回の6品種を示していた。 (クリックで画像を拡大)

 大きく3つの用途を想定し、それぞれに向けて集積する回路ブロックの構成が異なる品種を2つずつ、合計6品種用意した。汎用サーバ向けではない、組み込み用途向けにCortex-A15を搭載したSoCは「これが業界初だ」(同社)という。

KeyStoneアーキテクチャ KeyStoneアーキテクチャの概略図である。出典:日本TI (クリックで画像を拡大)

 TIが想定する1つ目の用途は、クラウドコンピューティングの特定アプリケーションを実行する専用サーバ装置である。例えば、高性能コンピューティングやビデオ解析、ゲーム、仮想デスクトップなどのアプリケーションに対応する専用サーバを想定した。2個のCortex-A15コアと8個のC66xコアを内蔵した「66AK2H12」と、同2個、4個の「66AK2H06」の2品種をとりそろえた。動作周波数はCortex-A15が1.4GHz、C66xが1.2GHzである。

専用サーバ向けの品種 専用サーバ向けの品種の特長である。出典:日本TI (クリックで画像を拡大)

 2つ目の用途は、ビデオサーバや電話会議システム、産業用マシンビジョンといった企業/産業向け機器である。4個のCortex-A15コアと1個のC66xコアを内蔵した「66AK2E05」と、それぞれ1個ずつを集積した「66AK2E02」の2品種を用意する。動作周波数は全コアともに1.4GHzである。

企業/産業向け機器向けの品種 企業/産業向け機器向けの品種の特長である。出典:日本TI (クリックで画像を拡大)

 3つ目の用途は、ネットワーク制御装置や無線中継器、産業用センサーネットワークなどの高性能ネットワーキングだ。C66xコアは内蔵せず、4個のCortex-A15コアを搭載した「AM5K2E04」と、同2個を集積した「AM5K2E02」の2品種を供給する。動作周波数はいずれも1.4GHzである。

高性能ネットワーキング向けの品種 高性能ネットワーキング向けの品種の特長である。出典:日本TI (クリックで画像を拡大)

 28nm世代の半導体プロセス技術で製造する。1000個購入時の単価は49米ドルからに設定する予定。既に一部品種のサンプル出荷を始めており、2013年1月にはさらに多くの品種についてサンプル出荷を開始する計画だ。同年3月には評価キットの供給も始める予定である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.