メディア
ニュース
» 2013年01月29日 13時27分 UPDATE

STマイクロ LIS331EB iNEMO-A:マイコンと加速度センサーを1パッケージに、携帯機器の消費電力を低減

「LIS331EB iNEMO-A」は、3軸加速度センサーとARMマイコンを1パッケージに搭載している。マイコンを内蔵することで、ホストコントローラとアプリケーションプロセッサの負荷を軽減し、携帯機器の低消費電力化に貢献する。

[EDN Japan]

 STマイクロエレクトロニクスは2013年1月、センサーIC「LIS331EB iNEMO-A」を発表した。デジタル出力の3軸加速度センサーと、センサーハブとして機能するマイコンを1パッケージに搭載したもの。パッケージはLGAで、外形寸法は3×3×1mm。スマートフォンやタブレット端末、ウェアラブルセンサーなど、モーション検知が必要な機器の用途に向ける。2013年第2四半期よりサンプル出荷を開始する。1000個購入時の単価は約2.4米ドル。それ以上の大量購入時の単価については要問い合わせ。

mm130129_stm.jpg

 マイコンのコアには、低消費電力を特長とするARMの「Cortex-M0」を採用している。マイコンを内蔵したことで、ホストコントローラとアプリケーションプロセッサの負荷を軽減できるという。

 LIS331EB iNEMO-Aの加速度の検出範囲は、±2g/±4g/±8g/±16gから選択できる。マイコンは、64Kバイトのフラッシュメモリ、128KバイトのRAM、複数のタイマー、I/Oポート(GPIO/SPI/I2C/UART)を内蔵している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.