ニュース
» 2013年04月15日 16時30分 UPDATE

ルネサス RX111グループ:「RXファミリ」の超低消費電力版マイコン第1弾

ルネサスは、「RXファミリ」の超低消費電力版製品として、USBなど多くの通信機能を搭載した「RX111グループ」31品種を製品化した。ヘルスケア機器やスマートメーター、産業機器などでの応用を見込む。

[EDN Japan]
120_tt_130415_renesas01.jpg

 ルネサス エレクトロニクスは2013年4月15日、32ビットマイコン「RXファミリ」の超低消費電力版製品の第1弾として、USBなど多くの通信機能を搭載した「RX111グループ」31品種を製品化したと発表した。消費電流は通常動作時100μA/MHz、スタンバイモード時350nAを達成した。サンプル出荷は2013年7月から、量産は同年9月からを予定している。

 新製品は、マイコンに対して高い性能とともに低消費電力、小サイズを求める家庭用ヘルスケア機器や、センサー端末、スマートメーター、産業機器など向けに開発した。通常動作時100μA/MHz、スタンバイモード時350nAの低消費電流性能に加え、スタンバイから通常動作に4.8μ秒で復帰できる高速復帰機能を備える。そのため、モバイル機器など「頻繁にスタンバイモードを使用する機器に最適なマイコンとなっている」(同社)とする。

tt_130415_renesas01.jpg USBを搭載した「RX111グループ」

 動作周波数32MHzで動作し、1MHz当たり3.08CoreMark、1mA当たり14.9CoreMarkの処理性能を持つ。周辺機能として、USB2.0ホスト/ファンクションモジュールを内蔵する。ホスト機能を使ったUSBメモリの制御やバッテリーチャージャ機能を使用した携帯機器への充電制御などが行える。

 RX111グループは、CPUコアアーキテクチャが同一の「RX600シリーズ」「RX200シリーズ」と互換性がある。パッケージのピン数は36〜64ピンがあり、内蔵フラッシュメモリ容量は16K〜128KBがそろう。サンプル価格は280円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.