ニュース
» 2013年04月18日 18時00分 UPDATE

富士通セミコン FM3ファミリ:ARM Cortex-M3搭載マイコン、38品種を5月から投入

富士通セミコンダクターは、ARM Cortex-M3コアを採用したマイコン「FM3ファミリ」に、大容量メモリ品や少ピン品など38品種を追加する。これにより、FM3ファミリの製品数は570製品に達する。

[EDN Japan]
120_tt130418_FujitsuS01.jpg

 富士通セミコンダクターは2013年4月18日、ARM Cortex-M3コア搭載32ビットマイコン「FM3ファミリ」に大容量メモリ内蔵品や少ピンパッケージ品など38製品を追加すると発表した。5月10日から順次サンプル出荷する予定。今回の新製品投入により、FM3ファミリの製品数は計570製品となった。

 新しい38製品はいずれも、性能とコストのバランスを重視した「ベーシックグループ」のマイコン。同グループで、最も大きい1.5Mバイト容量のフラッシュメモリを内蔵する「MB9B520T/420T/320T/120Tシリーズ」(24製品)は、シリアル通信機能やインバータ制御が可能な多機能タイマーを搭載する。エアコンなど白物家電のインバータ制御やOA機器などのモータ制御などの用途での採用を見込む。

tt130418_FujitsuS02.jpg 富士通セミコンダクターのマイコン製品ロードマップ (クリックで拡大)

 FM3ファミリとして最少の32ピンパッケージを採用した「MB9B120Jシリーズ」(2製品)は、多機能タイマーの他、12ビットADコンバータを搭載し、産業機器や白物家電などで少ピンでインバータ制御を行いたいというニーズに応える製品として展開する。

 「MB9A420L/120Lシリーズ」(12製品)は、低消費電力性能を重視する「ローパワーグループ」で採用する低消費電力技術を使いながら、CAN通信機能や多機能タイマー、10ビットDAコンバータを搭載する製品。48ピンから64ピンまでのパッケージをそろえ、エレベータやビル管理、配電盤などのボタン発信音の制御が必要な機器向けに展開する。

 価格は、MB9BF529TPMCが780円、MB9BF121JPMCが200円、MB9AF421LPMCが300円(いずれも1000個購入時の税込み参考価格)となっている。

 同社は、Cortex-M4搭載の「FM4ファミリ」およびCortex-M0+搭載の「FM0+ファミリ」を含めてマイコン製品を順次増強していくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.