ニュース
» 2013年04月22日 18時20分 UPDATE

ルネサス Smart Analog IC:プログラマブルなアナログIC「Smart Analog」の2.2V動作対応版を製品化

ルネサスは、アナログ回路構成、特性を変更できる「Smart Analog IC」の低電圧、低消費電力版「300シリーズ」を製品化した。電池駆動の機器にも搭載できるようになったという。

[EDN Japan]
120_tt140422_renesas01.jpg

 ルネサスエレクトロニクスは2013年4月22日、アナログ回路の構成、特性をマイコンからの制御で変更できる「Smart Analog(スマート アナログ)IC」の低電圧、低消費電力版「Smart Analog IC300シリーズ」2品種を発表した。動作下限電圧を従来の3Vから2.2Vへ引き下げ、消費電力も従来の62mWを22.4mWに抑えた。4月からサンプル出荷を開始し、6月から量産する。サンプル価格は回路構成可変型「RAA730300」が520円、計装アンプ固定型「RAA730301」が350円となっている。

tt140422_renesas01.jpg Smart Analog IC300シリーズ

 Smart Analog ICは、センサーとマイコンの間に位置するアナログフロントエンド(AFE)回路を1チップ化した製品であり、IC内部の回路構成や特性をマイコンからの制御により、変更できる機能を持つ。回路構成可変型の製品であれば、反転アンプ、非反転アンプ、I/V変換、計装アンプを実現でき、それらのオフセット電圧も調整できる。構成、特性の変更は動作中にも行え、電圧、電流、差動といった出力形式が異なる複数のセンサーのAFE回路を1つのSmart Analog ICで構成することもできる。同社によると、AFE回路をオペアンプなどディスクリート部品で構成した場合に比べ、部品点数で約90%、基板サイズで約75%削減できるという。

 新製品のSmart Analog IC300シリーズは、従来製品では3.0〜5.5Vだった動作電圧範囲を2.2〜3.6Vに低電圧化し、全てのアンプでレールtoレール入力機能を備えた。消費電力も22.4mWまで抑えたことで、「電池駆動のセンサー搭載機器などへの応用も可能になった」(同社)としている。

 なお、同社は2013年5月8〜10日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」に出展し、新製品の評価ボードと開発環境の展示を行う予定だ。

第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)

会期 2013年5月8日(水)〜10日(金)
時間 10:00〜18:00(10日(金)のみ17:00に終了)
会場 東京ビッグサイト
ルネサス・ブースNo. 西 12-77


ESEC2013特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.