ニュース
» 2013年07月04日 13時15分 UPDATE

NXP AXPファミリ:動作電圧範囲0.7〜2.75Vの低電圧対応の標準ロジック

NXPセミコンダクターズは、0.8Vの低電圧動作に対応した新しいロジック製品ファミリ「AXPファミリ」を発表した。バッテリー駆動時間の延長が求められ、1.2Vを下回るような低電圧動作化が進んでいるスマートフォンやタブレット端末、デジタルカメラなどの用途向けに展開する。

[EDN Japan]
120_tt130704NXP001.jpg

 NXPセミコンダクターズは2013年7月、0.8Vの低電圧動作に対応した新しいロジック製品ファミリ「AXPファミリ」を発表した。同社は「業界で最も低い消費電力と最高出力のドライバによって業界最高の動作速度を提供する」としている。2013年7月からサンプル出荷を行う予定で、価格は1000個発注時で1個当たり0.35米ドル、10万個発注時同0.10米ドルとしている。


tt103704NXP001.jpg 新しいロジック製品ファミリ「AXPファミリ」

 AXPファミリは、動作電圧範囲が0.7〜2.75Vで「0.8Vの動作電圧向けの仕様を全て備える」(同社)。バッテリー駆動時間の延長が求められ、1.2Vを下回るような低電圧動作化が進んでいるスマートフォンやタブレット端末、デジタルカメラなどの用途向けに展開する。

 パッケージはリードレスのMicroPakを採用。異なるロジック機能を設定できる「機能設定ロジック」(Configurable Logic)で、「部品点数やコストを低減し、(デバイスの)認定の手間も省ける上、パッケージのフットプリントの縮小も可能にする」(同社)。

 伝達遅延は、電源電圧1.8V時2.9ns。全ての入力端子にシュミットトリガ機能、過電圧トレラントI/0などを備える。出力は、4.5mAバランス出力。動作温度範囲は−40℃〜85℃となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.