ニュース
» 2013年07月05日 18時10分 UPDATE

東芝 T4K37:「業界最小クラスの画素サイズ1.12μm」を実現した1300万画素イメージセンサー

東芝は、色ノイズ低減回路を搭載し、「業界最小クラス」(同社)という画素サイズ1.12μmを実現した解像度13Mピクセルの裏面照射型CMOSイメージセンサー「T4K37」を発表した。スマートフォンなどモバイル機器向けに展開する。

[EDN Japan]
120_tt130705TOSHIBA01.jpg

 東芝は2013年7月5日、色ノイズ低減回路(CNR回路)を搭載し、「業界最小クラス」(同社)という画素サイズ1.12μm角を実現した解像度13Mピクセルの裏面照射型(BSI:Back Side Illumination)CMOSイメージセンサー「T4K37」の量産出荷を開始したと発表した。スマートフォンや携帯電話機、タブレット端末などのモバイル機器向けに販売する。

tt130705TOSHIBA01.jpg CMOSイメージセンサー「T4K37」

 新製品のT4K37は、1.12μm角という小さな画素サイズを採用しながら、東芝独自のCNR回路を同一チップに搭載することで、従来の画素サイズ1.4μm角品と同等の信号対ノイズ比を実現したという。

 ハイダイナミックレンジ(HDR)機能を搭載し、明暗差が大きい場所でも高品質な画像を撮影できる。フル画素出力で30フレーム/秒の高フレームレート撮影に対応し、画面表示と撮影画素の時間差(シャッタータイムラグ)の縮小や、連写撮影を可能にする。

 光学フォーマットは、1/3.07インチで、アスペクト比は4:3。解像度1080pで60フレーム/秒の撮影、VGA(640×480画素)で120フレーム/秒の撮影に対応する。動作電源電圧は、アナログ部が2.6〜3.0V、デジタル部が1.1〜1.3V、I/O部が1.7〜3.0Vとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.