ニュース
» 2013年07月11日 19時00分 UPDATE

TDK HWS-A/RWS-B:高効率、長寿命のAC-DCユニット型電源のバリエーションを拡充

TDKは、汎用タイプのAC-DCユニット型電源として、従来製品より高効率化、長寿命化を実現したハイエンド製品シリーズの「HWS-A」と、ハイエンド製品と同等の電源基本性能を実現しながら付加機能を絞ったミドルエンド製品シリーズ「RWS-B」を開発した。

[竹本達哉,EDN Japan]
HWS-Aシリーズ

 TDKは2013年7月11日、汎用タイプのAC-DCユニット型電源として、従来製品より高効率化、長寿命化を実現したハイエンド製品シリーズの「HWS-A」と、ハイエンド製品と同等の電源基本性能を実現しながら付加機能を絞ったミドルエンド製品シリーズ「RWS-B」を開発したと発表した。2013年9月17日からTDK-Lambdaブランドの製品として、TDKラムダが販売を行う。


ハイエンドシリーズ「HWS-A」

tt130711TDK002.jpg 手前が新製品「HWS-A」で、奥が従来品の「HWS」。構成部品の小型化、削減を図り、廃熱性なども改善されている

 HWS-Aは、TDKラムダの汎用AC-DCユニット型電源の従来のフラッグシップ製品である「HWSシリーズ」(2008年発売)の後継製品という位置付けで、HWSシリーズよりもさらに変換効率、信頼性を高めた。スイッチングデバイスなど構成部品を見直すとともに、部品配置などを最適化した回路設計変更などにより、高効率化を図った。特に軽負荷時の変換効率を従来品よりも高め、20%程度の軽負荷時で最大4〜5%変換効率を改善させた。重負荷時も従来品比3%程度の高効率化を実現している。待機時の消費電力も従来品から抑制した点も特徴になっている。

 変換効率を高め、部品配置の最適化などを進めた結果、ユニットとしての発熱も大きく抑え、熱ストレスで劣化する電解コンデンサなどの部品への影響も軽減。その結果、電解コンデンサ寿命を7年以上(従来品は5年以上)に延ばした。出力ディレーティング*)も向上し、従来品では40℃が限界だった最大出力時の周囲温度を50℃まで高められるようになった。

*):部品や機器の信頼性を高めるために、最大定格または最大出力よりも低減して用いること。電源の場合は、使用する周囲温度が高い場合に出力を常温時よりも小さくして使うことを指す。

tt130711TDK003.jpg HWS-Aシリーズと従来製品の特性を比較した参考データ 出典:TDK

 HWS-Aシリーズには、最大出力電力15W、30W、50W、100W、150Wの5種がある。いずれも従来品のHWSと外形寸法、電気仕様、オプションラインアップなどが同一の完全互換製品となっていて、「HWSからの置き換えも容易」(TDK)としている。

新開発コンセプトのミドルエンド製品シリーズ「RWS-B」

 RWS-Bシリーズは、新たな開発コンセプトを導入したミドルエンド製品の第1弾製品シリーズ。HWSシリーズなどハイエンド製品と同等以上の効率、信頼性といった電源基本性能を備えながら、並列運転、リモートオン/オフ機能といったハイエンド製品に搭載される一部の付加機能を省くことで、ハイエンド製品よりも手ごろな価格を実現する製品とした。

 生産性を高めるため、部品点数を抑制する他、1つのビスで固定できる独自ケースを導入するなどの多数の工夫も導入している。「HWS/HWS-AシリーズとRWS-Bシリーズの2つの製品ライン構成を用意することで、多くのニーズや用途に柔軟に対応できるようになった」(TDK)とする。

tt130711TDK004.jpg 新たな開発コンセプトを導入したミドルエンド製品「RWS-Bシリーズ」

 RWS-Bシリーズは、最大出力電力100W、150W、300W、600Wの4種を展開し、AC200V入力/24V出力時の効率は87〜89%となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.