ニュース
» 2013年10月08日 10時00分 UPDATE

サイプレス TMA568:2mmの極細スタイラス入力に対応するタッチスクリーン制御IC (1/2)

Cypress Semiconductorは、ハイエンドスマートフォンやタブレット端末向けタッチスクリーンコントローラICとして、直径2mmの細いスタイラスでの入力にも対応する新製品「TMA568」を発表した。

[竹本達哉,EDN Japan]
120_tt131008CYP000.jpg

 Cypress Semiconductor(以下、サイプレス)は2013年10月7日(米国時間)、ハイエンドスマートフォンやタブレット端末向けタッチスクリーンコントローラICとして、直径2mmの細いスタイラスでの入力にも対応する新製品「TMA568」を発表した。既に一部特定顧客向けに量産を実施し、2013年11月から一般顧客向けへの量産出荷を開始する予定としている。

耐ノイズ性能を高めた第5世代「TureTouch」

tt131008CYP001.jpg 直径2mmの細いスタイラスでの入力にも対応するタッチスクリーンコントローラIC「TMA568」

 新製品「TMA568」は、サイプレスのタッチコントローラIC「TureTouch」の第5世代(Gen5)ファミリの1つ。TureTouch Gen5は、40Vppのノイズ耐性を持ち、スマートフォンなどの携帯端末の充電中にタッチスクリーンを操作しても、充電器から出てくるノイズの影響を軽減できるので、誤入力や誤操作を起こさずに済むという特徴を持つ。ノイズ対策が不十分な充電器を使ってタッチスクリーン搭載機器を充電した場合に、充電器が発するノイズの影響で生じる、充電中に画面をタッチしてもセンサーが反応しなかったり、誤反応したりするなどの入力/操作ミスがより防げる。加えて、インセル方式のタッチスクリーンの普及やカバーガラス/フィルムの薄化で、ノイズの発生源となり得るディスプレイ部にタッチスクリーンコントローラICが近接する傾向が強く、高いノイズ耐性が要求されるようになり、それらのニーズにも応えている。

 TureTouch Gen5の第1弾製品は、2013年2月に発表し2013年4〜6月に順次、量産出荷を開始してきた。第1弾製品群では、主に5インチ以下のディスプレイサイズに対応するスマートフォン向け製品で構成した。

tt131008CYP002.jpg サイプレスが展開するTureTouch製品一覧 (クリックで拡大) 出典:Cypress Semiconductor
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.