ニュース
» 2013年10月31日 07時00分 UPDATE

新日本無線 NJU77806:「業界最高の低ノイズ特性」を誇る低消費電流CMOSオペアンプ

新日本無線は、消費電流2mA以下クラスのローパワーCMOSオペアンプとして、「業界最高の低ノイズ特性を実現した」(同社)という「NJU77806」を発表した。設計改良の他、新製造プロセスの適用により、ローパワーとローノイズを両立した。

[EDN Japan]
120_tt131031NJR002.jpg

 新日本無線は2013年10月31日、消費電流2mA以下クラスのローパワーCMOSオペアンプとして、「業界最高の低ノイズ特性を実現した」(同社)という「NJU77806」を発表した。既にサンプル出荷を開始し、2013年11月から量産を実施する。サンプル価格は100円としている。


tt131031NJR001.jpg 従来品と新製品「NJU77806」での入力換算電圧対周波数特性比較 (クリックで拡大) 出典:新日本無線

 NJU77806は、低ノイズと低消費電力という相反する2つの特性を両立するCMOSオペアンプとして開発した。

 回路、レイアウトを改良するとともに、作り込み精度を高めた新製造プロセスを開発、適用した。それにより、消費電流を500μA(典型値)に抑えながら、入力換算雑音電圧が5.5nV/√Hz(1kHz時/典型値)という低ノイズ特性を実現した。CMOSトランジスタ特有の1/fノイズが存在し低ノイズ化しにくい低周波領域でも、ノイズを抑え、10Hz時で入力換算雑音電圧11nV/√Hzを達成している。新日本無線では、「消費電流1mA以上の競合品に比べても、低周波領域でのノイズは大幅に低く、低消費電流タイプのCMOSオペアンプとしては業界最高の低ノイズ製品」とする。

 新製品は、GBP=4.4MHzという広帯域特性を備える他、RFノイズ耐性を従来品より高め、ワイヤレスLANなどからの放射電波の影響を受けにくくした。

 新日本無線では、特に低ノイズ特性が要求される人感センサーや振動センサーからの信号増幅用途の他、計測器、ノイズキャンセリング用マイクロフォンなどでの応用を見込んでいる。

tt131031NJR002.jpg 「NJU77806」の外形

 電源電圧は、1.8〜5.5Vで、両電源にも対応する。パッケージは、SC-88Aを採用している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.