Special
» 2014年01月08日 00時00分 UPDATE

ルネサス関連ニュース:ジャパンマイコンカーラリー2014全国大会、札幌でいよいよ開幕!

ルネサス エレクトロニクスが協賛する「ジャパンマイコンカーラリー2014全国大会」が2014年1月11〜12日に「新さっぽろアークシティ サンピアザ 光の広場」(札幌市)で開催される。約2,300台が参加した全国12地区の予選大会を勝ち抜いた高校生のマイコンカー計106台が日本一を目指してスピードを競う。全国大会の模様は、「USTREAM マイコンカーラリーLIVE」で中継される。

[PR/EDN Japan]
PR

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)が協賛する「ジャパンマイコンカーラリー2014全国大会」が2014年1月11〜12日に札幌市の「新さっぽろアークシティ サンピアザ 光の広場」で開催される。

ライブ中継も

 ジャパンマイコンカーラリー2014全国大会は、公益社団法人全国工業高等学校長協会および北海道工業高等学校長会が主催するもので、合計約2,300台が参加した全国12地区の予選大会を勝ち抜いた高校生の愛車、計106台が日本一を目指してスピードを競う。

 19回目となる今回は、初めて民間の商業施設が会場。商業施設を利用する多くの人にも高校生たちが繰り広げる真冬の熱い戦いを観戦することになる。

 また、全国大会の模様は、「USTREAM マイコンカーラリーLIVE」で中継する予定。

高校生向けロボット競技大会としては「日本最大規模」

tt1401SER001.jpg ジャパンマイコンカーラリー2014のポスター

 「マイコンカーラリー」は、ルネサス製マイコン(電子機器の制御に用いられる半導体)を搭載したロボットマシン「マイコンカー」の走行タイムを競う大会。大会参加者は、マイコンに組み込む独自の走行プログラムの作成と車体の組み立てを行い、曲線やクランク、坂などを含む規定のコースで自作マイコンカーを自律走行させる。マイコンカー製作を通じて、大会参加者は、プログラミング能力とメカトロニクスの知識を習得できる。

 「ジャパンマイコンカーラリー大会」は、北海道の高校生の実習成果を発表する場として、1996年より札幌市で開催が始まった。1998年の第3回大会からは全国大会となり、回を重ねるにつれ参加校・人数が増え、過去18回の歴史の中で、累計約47,000台の高校生のマイコンカーが出場し、高校生向けロボット競技大会としては「日本最大規模」(ルネサス)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社 / アナログ・デバイセズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EDN Japan 編集部/掲載内容有効期限:2014年5月31日


2015年3月9日

津田建二の技術解説コラム【海外編】に知ってるつもりの外国事情(6)――IMECに見る研究開発のあり方を追加

2015年2月9日

津田建二の技術解説コラム【歴史編】に半導体の温故知新(6)――MOSトランジスタの次はTFET?を追加

2015年1月13日

津田建二の技術解説コラム【入門編】に半導体の基礎知識(6)――パワー半導体の広がりを追加

2014年12月8日

2014年11月10日

2014年10月13日

津田建二の技術解説コラム【入門編】に半導体の基礎知識(5)――ワイヤレスに必要な半導体を追加

2014年10月6日

2014年9月8日

津田建二の技術解説コラム【海外編】に知ってるつもりの外国事情(4)――業界用語の常識を海外と比較するを追加

2014年9月1日

2014年8月11日

津田建二の技術解説コラム【歴史編】に半導体の温故知新(4)――IBM30億ドル投資の裏にCMOSの凄さありを追加

2014年7月28日

2014年7月14日

津田建二の技術解説コラム【入門編】に半導体の基礎知識(4)――IoTを定義しようを追加

2014年7月11日

2014年6月30日


2014年9月、ルネサス エレクトロニクスのイベント「DevCon Japan2014」にて、加賀デバイスブースにてソリューションエッジのインターポーザボード「SE SP-01」を使ったデータ・アクイジション・システムのデモが披露されました。今回は、このデモの詳細を加賀デバイスの開発担当者自らがご紹介します。

アナログ・デバイセズの実用回路集「Circuits from the Lab」を活用して、ルネサス エレクトロニクスのマイコン評価環境とつないで、お手軽、簡単データアクイジションシステムを構築してみましょう!

ソリューションコラムでは、これまでSE SP-01を使用したさまざまなバリエーションのデモをご紹介してきました。今回ご紹介するのは、アナログ・デバイセズの超低消費電力18ビット1Mサンプル/秒のA/DコンバータAD7982を、なんとGR-KURUMIを使用して制御&デバッグをします!

電子工作好きの皆さんにはおなじみの小型電子工作ボード(ガジェット)「GR-SAKURA」。このGR-SAKURAにセンサーを接続していろいろな装置作りにチャレンジしている方も多いと思います。そして、いろいろ工作しているうちに「もっと高精度なセンサーを使いたい」という欲求が生まれているかと思います。でも、高精度センサーをGR-SAKURAを接続するには、結構な技術力が要求されます。そこで、今回、Solution-Edgeオリジナルのインターポーザボード「SE SP-01」を使って、GR-SAKURに高精度センサーを手軽に取り付ける手順とプログラムをご紹介します。ぜひ、皆さんもSE SP-01でGR-SAKURAを究極まで進化させてください。

前回のソリューションコラムでは、SE SP-01を使って手軽にシステム構築ができる一例を紹介しました。今回は、前回に組み上げた評価環境を実際に動作させていく様子をご紹介します。SE SP-01の素晴らしさを、よりご理解頂けると思います。

アナログ・デバイセズ製の各種デバイスと、ルネサスエレクトロニクス製マイコンボードを簡単につなぐことができるようになるインターポーザボード「SE SP-01」。実際どれくらい簡単なのでしょうか。早速、SE SP-01を使ってシステムを組んでみましょう。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.