ニュース
» 2014年01月16日 13時10分 UPDATE

ADI AD9249/AD9681:「業界最高クラス」の小型/低消費電力を特長とする14ビットA/Dコンバータ

アナログ・デバイセズ(以下、ADI)は2014年1月16日、「業界最高クラス」(ADI)という小型/低消費電力を特長とする2種類の14ビットA-Dコンバータ「AD9249」「AD9681」を発表した。

[EDN Japan]

 アナログ・デバイセズ(以下、ADI)は2014年1月16日、小型/低消費電力を特長とする2種類の14ビットA-Dコンバータ「AD9249」「AD9681」を発表した。AD9249は、16チャンネル65Mサンプル/秒変換動作、AD9681は8チャンネル125Mサンプル/秒変換動作のA-Dコンバータであり、産業用超音波や計測機器、ヘルスケア用画像処理、軍用ECM機器、通信用レシーバなど向けとなっている。価格は1000個購入時、AD9249が113.86米ドル、AD9681が197.20米ドルとなっている。

10×10mmサイズの小型パッケージを採用

tt140116ADI001.jpg 14ビットA-Dコンバータ「AD9249」「AD9681」

 AD9249は、シングルパッケージに16個のA-Dコンバータを集積し、65Mサンプル/秒変換動作時の消費電力は1チャンネル当たり58mWであり、「チャンネル数の多い設計時に発生する発熱を抑える」(ADI)。8チャンネルのAD9681は、125Mサンプル/秒変換動作時で1チャンネル当たり110mWの消費電力を実現している。両コンバータとも、10×10mmサイズの小型パッケージを採用している。これにより、90dBcを超えるSFDR(スプリアス フリー ダイナミック レンジ)と74dBFS以上のS/N比を実現している。

 AD9249は最高周波数500MHz、AD9681は同455MHzで動作するデータ出力クロック(DCO±1、DCO±2)と容易に接続でき、ダブルデータレート機能をサポートしている。フル性能動作のためには、両製品とも1.8V単一電源とLVPECL/CMOS/LVDS互換のサンプルレートクロックが必要となる。しかし、「ほとんどのアプリケーションにおいて、外付けのリファレンスやドライバ部品は不要。両製品ともに、設計者が求める低消費電力でかつ高性能なマルチチャンネル・データ・アクイジションに対するニーズを満たしている」(ADI)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.