ニュース
» 2014年02月21日 10時00分 UPDATE

富士通セミコンダクター MB85RC1MT:容量1MビットのI2C FRAM

富士通セミコンダクターは、I2CインタフェースタイプのFRAM(強誘電体メモリ)として、同社最大となる1Mビット容量の「MB85RC1MT」のサンプル出荷を開始したと発表した。

[EDN Japan]

 富士通セミコンダクターは2014年2月20日、I2CインタフェースタイプのFRAM(強誘電体メモリ)として、1Mビット容量の「MB85RC1MT」のサンプル出荷を開始したと発表した。10兆回の書き換えを保証し、リアルタイムログなど頻繁な書き換えが要求されるFA制御機器、計測メーター、産業機械などの用途に向ける。


FRAM000FSL201402.jpg MB85RC1MT

 MB85RC1MTは、I2CインタフェースタイプのFRAM製品としては、「当社最大」(富士通セミコンダクター)という容量1Mビット(128Kワード×8ビット)を実現した。−40℃から+85℃の温度範囲で、1.8〜3.3Vの低電圧で動作する。動作周波数はEEPROMと同等の1MHzの他、3.4MHzでの読み出し/書き込みが行える高速モードを備えている。書き換え保証回数は、一般的な汎用EEPROMを上回る10兆回。富士通セミコンダクターでは、「これまでI2CインタフェースによりマイコンとEEPROMを使用していた用途で、EEPROMを新製品に置き換えることで、より頻繁なデータログによるシステムの性能向上と、書き込み時の消費電力の削減が可能になる」としている。

FRAM001FSL201402.jpgFRAM002FSL201402.jpg EEPROMとの書き換え回数比較(左)とEEPROMとの消費電力比較 出典:富士通セミコンダクター

 新製品の投入により、富士通セミコンダクターのI2CタイプのFRAM製品ラインアップは、4K〜1Mビットまでがそろった。なお、SPIタイプのFRAM製品ラインアップは、16K〜2Mビット。I2Cタイプ、SPIタイプともにパッケージは、標準的な8ピンSOPを採用し、各種不揮発性メモリを大きな基板設計変更を伴わず置き換えられるようになっている。

FRAM003FSL201402.jpg FRAM製品のラインアップ 出典:富士通セミコンダクター

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.