メディア
ニュース
» 2014年03月11日 18時00分 UPDATE

TDK DPX105950DT-6010B1:「業界最小、1005サイズ」の積層ダイプレクサ

TDKは、無線LANで使用される2.4GHz帯と5GHz帯に対応した積層ダイプレクサとして1005サイズの製品を開発し、量産を開始したと発表した。積層ダイプレクサとして、1005サイズは「業界最小」(TDK)とする。

[EDN Japan]

 TDKは2014年3月11日、無線LANで使用される2.4GHz帯と5GHz帯の分波/混合に対応した積層ダイプレクサとして「1005サイズ」(1.0×0.5×0.4mm)の製品を開発し、2月から量産を開始したと発表した。積層ダイプレクサとして、1005サイズは「業界最小」(TDK)とする。

 スマートフォンや携帯電話機などのモバイル機器は無線LAN機能を搭載する割合が高まっている。加えて、無線LAN規格「IEEE802.11ac」の登場なども手伝って1本のアンテナで、2.4GHz帯、5GHz帯の両周波数帯に対応するため、2つの周波数帯域に振り分けたり、混合したりするダイプレクサの需要が高まっている。

 今回、TDKが量産を開始した新しいダイプレクサ(型番:DPX105950DT-6010B1)は、無線LAN用として主流の積層ダイプレクサで、部品サイズを従来の1608サイズ(1.6×0.8mm)から体積を61%削減して1005サイズを実現した。従来は1つの材質を用いダイプレクサ内部にインダクタ、コンデンサを形成していたものを、新製品は誘電率の異なる2つの材質を組み合わせて構成。インダクタ部、コンデンサ部それぞれに適した誘電率の材質を用いることで、「性能を高めながら小型化を可能にした」(TDK)。

tt140311TDK001.jpg 1005サイズの積層ダイプレクサ「DPX105950DT-6010B1」

 新製品の主な特性は、次の通り。

  • ローバンド挿入損失(2.4G〜2.5GHz時):最大0.5dB
  • ハイバンド挿入損失(4.9G〜5.95GHz時):最大0.8dB
  • ローバンド減衰量(4.8G〜6.0GHz時):23dB以上
  • ハイバンド減衰量(2.4G〜2.5GHz時):25dB以上

 新製品のサンプル価格は、30円。2月から秋田地区の生産拠点で、月産1500万規模で量産を行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.