メディア
ニュース
» 2014年03月26日 14時25分 UPDATE

東芝 TC358782XBG:HDDなどでも次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault」対応を実現するIC

東芝は、HDDやSDカードアダプタなどUSBインタフェースを持つ機器で次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault」対応を実現するインタフェースブリッジIC「TC358782XBG」を発表した。

[EDN Japan]

 東芝は2014年3月26日、次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault」(シー・キュー・ボルト)規格に対応したインタフェースブリッジIC「TC358782XBG」のサンプル出荷を2014年4月から開始すると発表した。量産開始時期は2014年8月を予定している。

 SeeQVaultは、規格に準拠したSDメモリーカードなどに登録されている固有の暗号化IDを用いることにより、フルハイビジョン動画をポータブルなストレージに保存し、対応機器で再生することを可能にしたコンテンツ保護技術の規格だ(関連記事:HDコンテンツを自由に持ち歩く、ソニーや東芝など4社が保護技術を開発)。

 新製品は、SeeQVaultに対応しながら、SDホストコントローラとUSB2.0、SATA2.6のインタフェースをブリッジするIC。これまでSeeQVaultに対応したストレージ製品は、SDカードのみだったが、新製品を使用することで、外付けHDDやSDカードアダプタなどのUSBインタフェースを持つ機器でもSeeQVaultに対応できる。ある録画機能付きテレビで外付けHDDにハイビジョン動画を録画し、そのHDDを別のテレビに接続して再生するといった使用が可能になる(ただし、録画機器、再生機器がいずれもSeeQVault規格準拠の場合のみ)。

tt14036TOSHI001.jpg SeeQVault対応インタフェースブリッジIC「TC358782XBG」

 パッケージは7mm角サイズのFBGA80を採用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.