ニュース
» 2014年04月11日 13時00分 UPDATE

ラティスセミコンダクター ECP5ファミリ:小型で低コストと低消費電力を達成、量産用途向けミッドレンジFPGA (1/2)

ラティスセミコンダクター(以下、ラティス)の「ECP5」ファミリは、通信システムなどに搭載されるASICやASSPの機能を補完するコンパニオンチップとして仕様を最適化したFPGAである。競合メーカーの同等機能品に比べて、価格は最大40%安く、消費電力は最大30%の削減を可能とした。

[馬本隆綱,EDN Japan]

 ラティスセミコンダクター(以下、ラティス)は2014年4月10日(米国時間)、通信システムなどに搭載されるASICやASSPの機能を補完するためのコンパニオンチップ向けに仕様を最適化したFPGA「ECP5」ファミリを発表した。競合メーカーの同等機能品に比べて、価格は最大40%安く、消費電力は最大30%の削減を可能とした。スモールセル基地局の他、マイクロサーバや監視カメラ、4Kテレビなどの用途に向ける。

 一般的なハイエンドFPGAは、28nmやそれ以降の最先端プロセス技術を用いて、高速/高性能なシステムレベルの機能をワンチップに集積できる製品を目指している。このため、消費電力の増加やチップコストの増大につながっていた。これに対して、ミッドレンジFPGAの領域にあるECP5ファミリは、筐体が小さく放熱設計にも制約があり、その上システムのコスト削減が求められている量産製品などの用途を主なターゲットに開発した。特に、通信やネットワーク、画像処理などを行うASICやASSPを用いたシステム設計において、ASICなどの機能を補うための回路を、迅速かつ低コストで追加できることも、ECP5ファミリを活用する大きなメリットである。

 ECP5ファミリは、ASICやASSPのコンパニオンチップとして利用するのに適したアーキテクチャを採用している。例えば、ロジックセル内のルックアップテーブル(Look Up Table:LUT)数は、2万5000〜8万5000に抑えている。このため、配線リソースなどを最適化することができ、競合の同等性能品に比べて、価格を40%削減することが可能となった。ICチップの価格は現時点で公表されていないが、「価格のイメージは、ほぼ1米ドルあたり5000 LUT」(ラティスセミコンダクターのエリア・テクニカル・マネージャを務める菅原昭治氏)と話す。さらに、シリコンの面積を節約できるデュアルチャネルSERDESの採用や、用途を考慮してDSP性能の最適化を図ったこともコスト削減につながったという。

tm_140410lattice01.jpgtm_140410lattice02.jpg 左はECP5ファミリを実装した開発ボード、右はECP5ファミリ製品の一覧 (クリックで拡大) 出典:ラティスセミコンダクター
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.