ニュース
» 2014年04月16日 15時49分 UPDATE

テレパワー TBUS-01:6.8×11mmのBluetooth LE対応モジュール、電波法認証の取得予定も

テレパワーは、外形寸法が6.8×11×1.85mmのBluetooth Low Energy(LE)対応通信モジュールを発表した。チップアンテナを搭載していて、技術基準適合証明も取得する予定である。

[EDN Japan]

 テレパワーは2014年4月6日、Bluetooth Low Energyに対応した通信モジュール「TBUS-01」を発表した。チップアンテナを搭載していて、6.8×11×1.85mmと小型なことが特長だ。ヘルスケア製品などさまざまな機器に搭載することで、スマートフォンやタブレットPCとの通信を容易に実現できる。2014年5月よりサンプル出荷を、6月より量産出荷を開始する予定で、オープン価格となっている。


mm140416_telepower.jpg 「TBUS-01」(クリックで拡大)

 TBUS-01は、TDKのBluetooth Low Energy対応通信モジュール「SESUB-PAN-T2541」を採用することで、小型化を実現した。6.8×11mmは、テレパワーの従来品に比べて約半分の面積だという(関連記事:Bluetooth Low Energy対応の通信モジュール、IC内蔵基板で4.6×5.6mmを実現)。技術基準適合証明も取得する予定なので、TBUS-01をそのまま機器に搭載すればよい。

 TBUS-01の電源電圧は2〜3.6Vで、出力電力は0dBm。テレパワーの開発キットなどと組み合わせることも可能な他、顧客の要望に合わせて通信ソフトウェアやアプリケーションのカスタマイズにも対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.