ニュース
» 2014年05月12日 19時45分 UPDATE

村田製作所 MPA9535/MPA9512:データセンタ用サーバ向け電源ユニット、電力変換効率96%を達成

村田製作所は、3相交流入力に対応したPFC(Power Factor Correction)コンバータ「MPA9535」と、高圧直流給電に対応したDC-DCコンバータ「MPA9512」を開発し、2014年末までに量産を始める。

[EDN Japan]

 村田製作所は2014年5月、3相交流入力に対応したPFC(Power Factor Correction)コンバータ「MPA9535」と、高圧直流給電に対応したDC-DCコンバータ「MPA9512」を開発し、2014年末までに量産を始めると発表した。高調波規制に対応するとともに、電力変換効率は96%を達成している。データセンタなどで使用されるサーバなどの用途に向ける。

 新製品はいずれも19インチサーバラック向けで、MPA9535は5kWの電力供給を実現している。入力は3相480Vac(180〜528V)、出力は380Vdcである。n+1台を並列で動かす冗長運転が可能だ。一方、MPA9512は、NTTデータ先端技術の省エネ直流給電ソリューション「XECHNO Powerシステム」に対応した2世代目の電源ユニットである。3相PFCを併用することで、12Vdcまでの電力変換システムを構成することができるという。

tm_140512murata01.jpg 3相交流入力対応のPFC(Power Factor Correction)コンバータ「MPA9535」と、高圧直流給電対応のDC-DCコンバータ「MPA9512」の外観

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.