ニュース
» 2014年05月13日 13時15分 UPDATE

IR IRxx46xx:導通損失とスイッチング損失を低減、耐圧600VのIGBTを18品種追加

インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(IRジャパン)の「IRxx46xx」シリーズは、耐圧600VのIGBT(絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)ファミリである。トレンチゲート構造やフィールドストップ技術などを適用することで、導通損失とスイッチング損失の低減を図った。

[EDN Japan]

 インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(IRジャパン)は2014年5月、IGBT(絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)ファミリとして、新たに耐圧600Vの「IRxx46xx」シリーズ18品種を発表した。無停電電源装置(UPS)やソーラー発電装置、電磁調理器、産業用モータ、溶接装置などの用途に向ける。

 IRxx46xxシリーズは、厚みの薄いウェハーを用い、トレンチゲート構造やフィールドストップ技術を適用して製造した。これらの技術によって、導通損失とスイッチング損失の低減を図った。また、IGBTは逆回復電荷の小さいソフトリカバリダイオードを同一パッケージ内に収めるなど、高速スイッチング向けに最適化を図った。スイッチング周波数範囲は8k〜30kHzに対応している。短絡耐量は5μsで、コレクタ−エミッタ間の飽和電圧は1.6Vと低い。

tm_140513irj01.jpg IRxx46xxシリーズの外観

 パッケージは、「DPAK」、「D2PAK」、「TO-220」、「TO-247AC」および「Super TO-247」などを用意している。IGBTチップのみでの供給にも対応する。なお、IRxx46xxシリーズは全て欧州のRoHS規制に準拠している。米国での参考価格(1万個購入時の単価)は、0.73〜6.20米ドルの予定である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.