メディア
ニュース
» 2014年06月02日 20時20分 UPDATE

村田製作所 PKMCS0909E4000-R1:外形寸法9.0×9.0mmで従来比44%削減、村田製作所の圧電サウンダ

村田製作所の「PKMCS0909E4000-R1」は、外形寸法が9.0×9.0mmと小さい表面実装型圧電サウンダである。モバイル機器や家庭用ヘルスケア機器、リモコンスイッチなどの用途に向ける。

[EDN Japan]

 村田製作所は2014年6月、外形寸法が9.0×9.0mmと小さい表面実装型圧電サウンダ「PKMCS0909E4000-R1」の量産を開始した。モバイル機器や家庭用ヘルスケア機器、リモコンスイッチなどの用途に向ける。

 PKMCS0909E4000-R1は、圧電特性を利用して、音源部を振動させて発音させる電子部品で、圧電振動板を共鳴器となるプラスチックケースに組み込んでいる。独自の材料技術と加工技術を駆使することで、同社従来品に比べて面積および重さは44%も削減した。これによって、搭載する機器の小型化や軽量化を可能とし、設計の自由度も向上させることができるとみている。

tm_140602murata.jpg 外形寸法が9.0×9.0mmと小さい表面実装型圧電サウンダ「PKMCS0909E4000-R1」の外観

 PKMCS0909E4000-R1は、電圧駆動のため消費電力が小さい、電気ノイズがない、磁石やコイルを使わないため構造がシンプル、などの特長も併せ持つ。音圧レベルは最低65dB(4kHz、±1.5Vo-p方形波、10cm)、入力電圧は最大±12.5 Vo-p、動作温度範囲は−40〜85℃である。サンプル価格は80円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.