Special
» 2014年07月30日 00時00分 UPDATE

宮崎 仁のマイコン基礎の基礎:第22回 MSP430 LaunchPadでキッチンタイマを作ろう 〜スイッチ追加編〜

[PR/EDN Japan]
PR

 前回に引き続いて、最大99分50秒の時間を設定できるキッチンタイマを設計・製作します。マイコンボードは、テキサス・インスツルメンツ(TI)のMSP430™ LaunchPadバリュー・ライン開発キットを使用します。

回路に押しボタン・スイッチを追加する

mm140730_ti1.jpg 図1 全体の回路図

 前回までで、ダイナミック点灯による4桁表示(最大99分59秒)と、1秒カウントダウンを同時に実行する回路とソフトウェアの作成ができました。今回は、押しボタンを用いたスタート/ストップの機能を追加してみましょう。

 まず、3個の押しボタン・スイッチを追加して、回路を完成させます(図1)。

 システム設計編(連載の第18回)において、汎用I/OポートのP2.6にスタート/ストップ・ボタン、P2.5に数値設定ボタン、P2.4に桁選択ボタンを接続するようにポートを割り当ててあります。各スイッチは内蔵抵抗でプルアップし、スイッチが押されなければH、スイッチが押されればLになるようにしています。なお、ターゲット基板上のスイッチは使用しないので、ジャンパを抜いてP1.3から切り離してください。

 また、カウントダウンによって残り時間00分00秒になったとき、お知らせLEDを点滅します。このお知らせLEDには、ターゲット基板上に搭載された赤色LED(P1.0に接続)をそのまま利用します。

スイッチ検出機能をプログラムに追加する

mm140730_ti2.jpg 図2 押しボタン・スイッチ検出のテストプログラム

 次に、この押しボタン・スイッチをマイコンから利用するために、スイッチが押されたかどうかを検出するプログラムを追加します。押しボタン・スイッチの状態を監視するには、スイッチ割り込みを使う方法と、4msごとのタイマ割り込みを利用する方法があります。ここでは、タイマ割り込みを利用してチャタリング防止付きのスイッチ入力を実現します。

 前回作ったプログラムでは、4msごとにTimer0 割り込みサービスが起動されて、ダイナミック点灯の制御を行います。さらに、カウントダウンモード(mode == 1)ならば1秒に1回秒数を減らします。今回は、ダイナミック点灯制御とカウントダウンの間にスイッチ入力ポート(P2.6、P2.5、P2.4)を読み込んで、スイッチが押されたかどうかの判定を行えば良いわけです。

 単にスイッチの状態を見るだけなら、入力ポートの値がHならスイッチは押されていない、入力ポートの値がLならスイッチは押されていると判断します。ただし、スイッチが押されたり、離されたりする瞬間には、ごく短時間ですが接点が付いたり離れたり振動的になるチャタリングという現象が起こります。そのため、スイッチを1回だけ押したつもりでも、マイコンはスイッチが何回も押されたと判定してしまうことがあります。

 ここでは、スイッチの状態がHからLに変化し、かつ2回続けてLだったときに1回ボタンが押されたと判定します。1回だけLになってHに戻った場合は、チャタリングと判断して無視します。

 スイッチ検出と、それを利用したモード切替を追加したプログラム例を図2に示します。なお、図2にはグローバル変数の宣言とTimer0 割り込みサービスの部分だけを示しています。


MSP430 超低消費電力マイコン・ファミリ
新FRAMマイコン:「MSP430FR5969」
TIのマイコン製品
MSP430 LaunchPadバリュー・ライン開発キット
■TIのツールの購入はこちらから:TI eStore


※MSP430はTexas Instruments Incorporatedの商標です。その他すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本テキサス・インスツルメンツ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EDN Japan 編集部/掲載内容有効期限:2015年3月31日

設計に役立つヒント集

宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎:
第24回 割り込みっていろいろあるのですか?どんな種類があるか教えてください。

今回は、外部割り込み、内部割り込み、ソフトウェア割り込みについて詳しく解説しています
全文を読む


電源IC選択のヒント集
電源IC 使用時の注意点をわかりやすく説明しているほか、使用時に発生する可能性のあるさまざまなトラブルとその対処法についても紹介しています。ぜひご利用ください。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
Part 1をダウンロード
Part 2をダウンロード


アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド
日本語版 PDF

英語版で高い評価を受けてきたポケット・ガイドの日本語版が完成しました。基板レベルやシステム・レベルの回路設計でよく使われるアナログ設計式を紹介しています。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
ダウンロード



facebook & twitter

製品情報、セミナーや展示会などのイベント情報をお知らせしています。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.