メディア
ニュース
» 2014年08月06日 11時30分 UPDATE

ケースレー 2280Sシリーズ:高速・広ダイナミックレンジのDMM機能搭載、ケースレーのDC電源

ケースレーインスツルメンツ(ケースレー)の「2280S」シリーズは、本格的なデジタルマルチメータ(DMM)機能を組み込んだ高精度のプログラマブルDC電源である。測定レンジが広く、高い精度で電流測定が可能である。待機時とピーク時の電流差が比較的大きな組み込み型医療機器や、ウェアラブル機器、ワイヤレスセンサーなどの特性評価用途に向ける。

[EDN Japan]

 ケースレーインスツルメンツ(ケースレー)は2014年8月6日、本格的なデジタルマルチメータ(DMM)機能を組み込んだ高精度のプログラマブルDC電源「2280S」シリーズを発表した。測定レンジが広く、高い精度で電流測定が可能である。待機時とピーク時の電流差が比較的大きな組み込み型医療機器や、ウェアラブル機器、ワイヤレスセンサーなどの特性評価用途に向ける。

 2280Sシリーズは、最大32V/6Aを出力する「2280S-32-6型」と、最大60V/3.2Aを出力する「2280S-60-3型」の2製品を用意した。DMM機能を搭載した汎用電源は、競合他社から既に発売されているが、2280Sシリーズは競合製品と同等の価格に抑えながら、精度の高い測定機能を備えているのが大きな特長だ。

tm_140806keithley01.jpg 2280Sシリーズの外観

 電圧/電流測定分解能は、競合製品の3桁半に対して、2280Sシリーズは最大6桁半とした。また、10A、1A、100mA、10mAと4つの電流測定レンジを備えている。これによって、最大6Aの負荷電流から最小100nAと待機時の電流まで、幅広い範囲を2280Sシリーズ1台で高確度に測定することが可能となった。電圧は100μV、電流は10nAの感度で測定することができる。

 最小140μsの間隔で発生する負荷変動を含め、あらゆる動作モードにおいて負荷電流をモニターすることができ、バッテリで駆動するウェアラブル機器の消費電力をより正確に確認することができる。また、毎秒2500回の読み取り速度で測定できるため、スタートアップ時の各ステートにおける電流の評価/テストが可能である。

 この他、半導体デバイスやシステムの突入電流を測定するため、2280Sシリーズは電圧の立ち上がり/降下時間を10〜100V/sの範囲で設定することができる。出力電圧の立ち上がり時間をプログラムして、電圧波形の傾斜を緩くすれば、電圧のオーバーシュートを防止することができる。電圧の降下時間をプログラムすれば、出力電圧の急激なランプダウンを防止することもできる。

 セットアップのための操作性や、測定結果の表示機能も工夫した。表示部には4.3型TFT液晶ディスプレイを採用している。印加設定などの重要な情報は分かりやすい部分に表示される。また、アイコンベースのGUIにより設定自体も容易にした。測定中の波形表示に加え、保存された波形の統計値を計算し、平均値や最大値、最小値などをグラフ表示する機能なども搭載した。

 この他、自動テストに向けた機能も備えている。内蔵したリストモード機能を活用すると、動作電圧範囲における自動化テストを容易にしたり、DC出力の変動に対する応答を把握したりすることができるという。リストモードでは、最大10種類のシーケンス電圧レベルリストを設け、リストごとに最大99種類の固有電圧を設定して保存することが可能だ。測定スピードを要求される用途では、分解能を4桁半に設定することで、サンプリング速度を高速化することができる。インタフェースはLAN LXI、USBおよびGPIBを標準で装備している。PCで専用のウェブページに接続し、IE画面上で指定されたIPアドレスを入力すると、PC画面上にバーチャルのフロントパネルが表示され、遠隔地から2280Sシリーズにアクセスして、測定を観測することができるという。

 価格(税別)は、2280S-32-6型と2280S-60-3型の両モデルとも、それぞれ15万8000円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.