ニュース
» 2014年08月08日 15時00分 UPDATE

東芝 TMPM411F20XBG:計量と通信制御の機能を1チップ化、東芝のスマートメータ向けマイコン

東芝の「TMPM411F20XBG」は、ARM Cortex-M4Fコアを搭載したマイコン「TX04シリーズ」として、新たに追加したスマートメータ向けマイコンである。スマートメータの他、センシングや通信機能を備えたIoT(Internet of Things)機器などの用途に向ける。

[EDN Japan]

 東芝は2014年8月、ARM Cortex-M4Fコアを搭載したマイコン「TX04シリーズ」として、スマートメータ向けマイコン「TMPM411F20XBG」を新たに追加し、サンプル出荷を始めた。スマートメータの他、センシングや通信機能を備えたIoT(Internet of Things)機器などの用途に向ける。

 TMPM411F20XBGは、最大動作周波数が80MHzのCortex-M4Fコアを2ユニット搭載している。これにより、電流や電圧を測定し電力を算出する計量部と、データを送受信するための通信制御部を完全に独立させて制御することができ、それぞれのデータを保護することが可能となる。AES(Advanced Encryption Standard)、SHA(Secure Hash Algorithum)といったセキュリティ機能も備えている。また、停電時のタンパ検知や割り込み検知を、低い消費電力で実行することができるという。

tm_140808toshiba01.jpg TMPM411F20XBGの外観

 TMPM411F20XBGの動作電圧は2.7〜3.6V(スタンバイ時は1.5〜3.6V)、スタンバイ時の消費電流は1μA以下に抑えている。内蔵メモリはSRAMが290kバイト、フラッシュメモリが2048kバイトである。サンプル価格(税込)は1500円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.