ニュース
» 2014年10月02日 11時15分 UPDATE

ローム WSR35A1-00:Wi-SUN認証取得済みのUSBドングルを発売――ロームとJorjin

ロームは2014年10月、台湾のJorjin Technologiesと無線通信規格「Wi-SUN」に対応したUSBドングルタイプの無線通信モジュール「WSR35A1-00」を共同で開発したと発表した。

[EDN Japan]

9月からサンプル出荷

 ロームは2014年10月2日、台湾の組み込みモジュールメーカーJorjin Technologies(以下、Jorjin)と無線通信規格「Wi-SUN」に対応したUSBドングルタイプの無線通信モジュール「WSR35A1-00」を共同で開発したと発表した。既に2014年9月からサンプル出荷を開始し、「需要に応じて、順次、量産対応を行う予定」(ローム)としている。

tt141002ROHM001.jpg ロームとJorjin Technologiesが共同開発した「Wi-SUN」に対応したUSBドングルタイプの無線通信モジュール「WSR35A1-00」

Bルートの通信として有力視

tt141002ROHM002.jpg USBドングルの応用イメージ (クリックで拡大) 出典:ローム

 Wi-SUNは、国内のサブギガヘルツ帯の1つである920MHz帯などで使用される無線通信規格で、HEMS(家庭内エネルギー管理システム)やBEMS(ビル内エネルギー管理システム)の無線通信として普及が期待されている。国内では、東京電力がスマートメーターとHEMSコントローラの間を結ぶ通信(通称:Bルート)にWi-SUNを採用することを決定し、他の電力会社でもBルートの通信手段にWi-SUNを用いることが有力視されている。

導入を容易に

 ロームでは、「既存のHEMSコントローラの多くはWi-SUN非対応のため、スマートメータとの接続が困難だった」とし、USBポートに挿入することでWi-SUN対応を実現するUSBドングルタイプのWi-SUNモジュールをJorjinと共同で開発した。ロームはこれまでも、アンテナ内蔵で電波法認証取得済み、ファームウェア搭載済みなど、導入しやすい無線モジュールを手掛けてきたが、「さらに導入を容易にするべく、通信モジュールの製造販売において高い実績を誇るJorjinと共同開発を進めた」という。

 開発したUSBドングルモジュールは、32ビットの高性能マイコンを採用し、HEMS用途に最適なWi-SUN対応ファームウェア(TTC JJ-300.10のA方式準拠)を搭載した。なお、両社では、ZigBee IP対応のファームウェア(同B方式準拠)も準備しているという。

tt141002ROHM003.jpg ソフトウェアスタック構成図(左)とブロック図 (クリックで拡大) 出典:ローム

 アンテナも内蔵されている他、日本国内の920MHz帯の電波法認証も取得済みで、高周波設計や面倒な手続きなしに導入できる。UARTインタフェースも備え、「汎用性が高く非常に使いやすいドングルとなっている」(ローム)。

 受信感度は、−103dBm(100Kビット/秒、BER0.1%未満)となっている。

 なお、ロームでは2014年10月7〜11日に千葉市の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN2014」に出展し、WSR35A1-00の展示を行うとしている。

CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)

CEATEC JAPAN 2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.